1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

デイリーサッカーニュース Foot!

  1. Monday
  2. Tuesday
  3. Wednesday
  4. Thursday
  5. Friday

April 4, 2018 10:24 AM /

Week 34

Ben's Foot! notes

Football365's famous England World Cup ladder
さて、2年前もこの時期に『Foot!』で紹介した、Football365の恒例企画!
●Football365というウェブサイトが、ここ10年以上、「イングランド代表の本大会メンバーに入りそうなランキング」という特集記事を続けている。
●各代表ウィーク空けに更新される。
●尚、当たる率が結構高くて参考になる。
●4年前のW杯前、最後の予想では上位23人から結局22人がメンバーに選ばれた。唯一の例外は左サイドバック、Luke ShawではなくAshley Coleという予想だった。
●また、Euro 2016のときは20人当たった。
残り3人について、2人(Danny WelbeckとLuke Shaw)はランキング公開後に怪我の影響で出られなくなった。もう1人のハズレはPhil Jagielka。
(予想外でメンバーに選ばれたのはKyle Walker、Ryan Bertrand、Marcus Rashford)
●なお、各ランキングでは50位まで選ばれる。
●各選手についてコメントもあり、サポーター目線でユーモアも不安もたっぷり。

0404.jpg

【以下は翻訳:桐谷 圭介】

1 (1) Harry Kane
He's still sitting atop this ladder as England's only genuine world-class player, but the gap has narrowed; he is no longer a murky spot on the horizon. England not only scored but thrived in his absence against the Netherlands and Italy. And we will continue to voice the unpopular opinion that Jamie Vardy is a better option when chances are at a premium against a high press. But it would take a bloody brave manager to make that call. Gareth Southgate is ballsier than we ever imagined but his testicles are surely not that hefty?
ケインはイングランドで唯一の真にワールドクラスの選手としてこのリストのトップに位置しているが、下との差は縮まり、地平線の彼方に見えない存在ではなくなった。オランダ、そしてイタリアと対戦したイングランドは、ケイン抜きでゴールを決めただけでなく、プレー自体も輝いていた。高い位置でプレスを受け、チャンスそのものが貴重なケースでは、ジェイミー・ヴァーディーの方が良いオプションだ、という主流派とは言えないであろう意見も依然として耳にする。それでも、それを実際に行動に移すのは、相当に勇敢な監督だろう。ギャレス・サウスゲイトは我々が想像した以上に気概がある方だが、そこまで肝が座ってはいまい。

2 (4) Kyle Walker
Little did I know that Southgate would move Walker into his three-man defence to bolster both his right side and his midfield in a moment of genius that we can only describe as witchcraft.
右サイドと中盤の強化のために、サウスゲイトがウォーカーを3バックに入れるとは誰も考えもしなかったし、この異才はまさに魔法としか表現のしようがない。

4 (2) John Stones
So he still scares the sh*t out of us sometimes, but he has started England's last six games so Southgate clearly intends to build his defence around Stones, and particularly his partnership with Walker. That three of England's top four players are from the champions-elect is exactly how it should be; Pep Guardiola is one of Southgate's greatest talents.
ストーンズは今でも我々の肝を冷やすようなプレーを時々見せるが、代表ではここ6試合連続で先発しており、サウスゲイトは明確に守備の中心には彼を据える考えのようだし、特にウォーカーとの組合せを意図しているのだろう。(スターリングを含む)このリストの上記4人中3人が王座目前のシティかであるのはあるべき姿であり、ペップ・グァルディオラは、サウスゲイトの人材の宝庫の一部となっている。

5 (14) Jamie Vardy
Vardy has now scored five of his seven international goals against Germany, Netherlands, Wales, Spain and Italy.
ヴァーディーは代表戦で決めた7ゴール中、5ゴールはドイツ、オランダ、ウェールズ、スペイン、イタリアとの対戦で決めている。

6 (3) Eric Dier
He will eventually be found out against the best teams in the world, but that's hardly a cause for huge criticism when he doesn't play for one of the best.
ダイアーはやがては世界最高峰相手との試合で弱点が暴露されるだろう。しかし、イングランド代表が世界最高峰ではないうちには、それは大きな批判を受ける理由ではない。

7 (24) Jesse Lingard
Most importantly, he brings the banter. But he has also emerged as England's first option for the most advanced of the central midfielders, moving ahead of Dele Alli. We are happy to say we were as wrong on Lingard. He is our ladder's highest climber.
最も大事なことは、彼がムードメーカーであることだが、同時にリンガードはデリ・アリを超えるイングランドの中盤のファースト・オプションとして浮上してきた。我々のリンガードを見る目が誤っていたことは喜びだ。今回のランキングで最も順位を上げたのが彼だ。

8 (5) Dele Alli
His World Cup squad place is assured, but right now England's strongest starting XI does not feature Alli. And we are absolutely fine with that.
ワールドカップでのメンバー入りは確実だが、現時点でベストのスターティングイレブンに彼の名前はない。そして、我々はそれで大いに結構だ。

11 (11) Jordan Henderson
Probably first-choice England captain. Such is England's lack of central midfield options, we have to swallow our lack of pride.
恐らくイングランド代表キャプテンの最有力候補だろう。イングランドの中盤に選択肢を欠くことの裏返しでもあるが、それは仕方がなくて我慢するしかない。

13 (18) Kieran Trippier
Confession: We're still not convinced he is any good.
正直に言おう。彼のどこが良いのか、我々はまだ確信できていない。

14 (9) Adam Lallana
The fact that Lallana was in this squad despite barely playing for Liverpool illustrates just how important he is to England as one of the few players who does not need pace to be dangerous. He looked rusty against Italy but that is because he is rusty. He must somehow now play enough minutes for Liverpool to unrust.
リバプールでほとんどプレーしていないにもかかわらず代表に名を連ねているという事実が、危険な存在になるために速さを必要としない選手の一人として、彼がイングランドにとっていかに重要であるかを象徴している。イタリア戦では動きが鈍く見えたが、それは、実際に彼の動きが鈍いからだ。鈍くなくなるには、何らかの形でリバプールで十分なプレー時間を確保する必要があるだろう。

15 (13) Phil Jones
You will have likely forgotten but we are here to remind you that Southgate considers Phil Jones to be the best English centre-half. If he can get and stay fit, he will be going to Russia.
恐らく忘れているだろうが、サウスゲイトがフィル・ジョーンズがイングランドで最高のセンターバックになると考えていることを思い出して頂きたい。コンディションさえ整って保てれば、ロシアには行くはずだ。

16 (26) Ashley Young
If you are a regular English starter for a top-six Premier League club, you will probably be in the England squad. And he is usefully versatile. And unusually ? in this group ? old and experienced. Now I am convinced.
プレミアのトップ6クラブで常時先発しているなら、イングランド代表メンバーには入るはずだ。そしてアシュリー・ヤングは便利に複数のポジションをこなしてくれる。そして、このグループの中では珍しいことだが、年齢を重ね、経験豊富だ。今は彼に確信が持てる。

17 (21) Joe Gomez
It's worth noting that every outfield player who started in Amsterdam was from a top-four side; being a Liverpool player rightly or wrongly puts Gomez ahead of players like James Tarkowski and Alfie Mawson.
アムステルダム(でのオランダ代表戦)で先発したフィールド選手は全員がトップ4クラブの所属だったことは特筆できよう。それが正しいか誤りかはさておき、リバプールの選手であるゴメスは、ジェームス・ターコウスキやアルフィー・モーソンよりも先に選ばれるものなのだ。

18 (10) Danny Rose
He has been England's best left-back, but is he England's best left wing-back right now? He looks very much like a footballer who is not playing enough football, because he is a footballer who is not playing enough football.
ダニー・ローズはイングランドでベストの左サイドバックだったが、今はどうだろう?今の彼は、プレー時間の足りていないフットボーラーに見えるが、それは、実際にプレー時間が足りていないフットボーラーだからだ。

19 (12) Joe Hart
Is a 'good tourist'/admins the WhatsApp group/organises the darts so simply has to go to Russia. We still have a sneaky suspicion that Southgate will panic and play him in Russia. And we wouldn't be too upset.
ジョー・ハートは良き観光客だし、WhatsApp(LINEのようなもの)のグループも管理してくれるし、ダーツの遊びにもメンバーを集めてくれる人なので、何れにしても彼はロシアには行かねばならない。ロシアでサウスゲイトがパニックに陥って彼を起用する可能性も微かにあると思っているが、そうなったとしてもそこまで驚きもしないだろう。

21 (25) Harry Maguire
The very grateful beneficiary of Michael Keane being absolutely bloody awful this season.
今季マイケル・キーンが実に酷いプレーをしていることで一番の恩恵を受けているのがハリー・マグワイアだ。

22 (40) Jack Wilshere
Prove that you are not made of balsa wood, Jack. Please.
バルサ材(軽量な木材)製じゃないってことを証明してくれ、頼むよ、ジャック。

23 (28) Danny Welbeck
No Premier League goals since September and yet he is in the England squad.
9月以降プレミアでノーゴールなのに、それでもイングランド代表にメンバー入りしている。

25 (23) Ruben Loftus-Cheek
It might be a straight fight between him and Jack; who can be least injured in June?
ルベン・ロフタス=チークか、ジャック・ウィルシェア、いずれかの一択だろう。6月にケガの程度が軽いのはどちらだろうか?

27 (8) Gary Cahill
I wrote in November: 'As long as he is starting with Chelsea, he will be in Gareth Southgate's plans.' The problem is that he no longer starting for Chelsea.
11月には「チェルシーで先発している限りはサウスゲイトのプランに入っているだろう」と書いたが、問題は、彼がもはやチェルシーで先発していないことだ。

32 (19) Harry Winks
And here's one we thought we had made earlier, only for him to return from injury without really returning from injury. This one makes us feel a little sad, considering the names now above him.
怪我から復帰してくると思ったが、結局全然そうなっていないのが、メンバー入りすると思われていたハリー・ウィンクスだ。彼よりも先にリストに乗って(しまって)いる名前を見ると、彼がこの位置にいるのは悲しい気分にさせられる。

33 (17) Michael Keane
We thought his 'club form can only get better when the Toffees finally decide on a manager'. It didn't; it got worse. Keane has well and truly f***ed this.
我々は監督さえしっかりすれば、マイケル・キーンのクラブでのプレーも良くなる一方だろう、と考えていたが、そうはならなかった。より悪くなった。キーンは本当に急降下してしまった。

34 (NE) Ryan Sessegnon
There is a fraction of a chance that Danny Rose gets injured before the World Cup and Southgate just thinks 'f*** it'. We would welcome such a maverick move.
ダニー・ローズがワールドカップ前にケガをして、サウスゲイトが「しょうがないからいいや」と思う可能性も微かにあるだろう。その時にライアン・セセニョンを選ぶような型破りな動きは歓迎だ。

36 (29) Chris Smalling
There is no way back for Smalling now. But Alfie Mawson has got to hurt.
スモーリングはもう後戻りはできない状況だが、それでもアルフィー・モーソンが自分よりも上に入ったことは痛いだろう。

37 (30) Daniel Sturridge
This genuinely makes us really sad. His only chance now is to improbably score six goals between now and the end of the season. In reality, it's improbable that he plays six games between now and the end of the season. He really should have joined Newcastle, by the way.
ダニエル・スタルリッジここまで順位を下げているのは本当に悲しいことだ。唯一メンバー入りのチャンスがあるとすれば、あり得なそうなことだが、今からシーズン終了までに6ゴール決めるくらいの活躍が必要だろう。現実には、今季残り6試合に出場することすらあり得ないことだろう。ちなみに言うと、彼は本当にニューカッスルに行くべきだった。

38 (38) Tom Heaton
Some 'experts' still think he will make the squad. They are not experts.
「専門家」の一部は、いまだにトム・ヒートンがメンバー入りすると考えているが、彼らは専門家じゃない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS見るならスカパー!

今週のFoot!

4/9~4/13のFoot!


blog_Mon.jpg

【4/9】MC:西岡明彦 コメンテーター:菅原慎吾
月曜は週末に行われたプレミアリーグのハイライトを中心にお届け!
▽プレミアリーグ ハイライト
―エヴァートン×リヴァプール、マンチェスターC×マンチェスターU ほか
▽菅原Pのスペイン マドリード レポート
―マドリードで合宿を行ったスペイン代表とアルゼンチン代表を徹底取材。
 ロシアW杯で優勝候補に挙げられる2チームを、トレーニング風景や記者会見、そしてベテラン番記者の証言などで、現在のそれぞれの立ち位置を分析。


blog_Tue.jpg

【4/10】MC:野村明弘 コメンテーター:ベン・メイブリー
火曜日は、週末に行われた注目ゲームを分析します。
▽プレミア第33節を受けて注目の試合をピックアップ!
▽Foot! Off The Pitch
―気になる試合をピックアップして紹介!


blog_Wed.jpg

【4/11】MC:下田恒幸 ゲスト:川勝良一
▽今回のFoot!WEDNESDAYは、川勝良一さんをゲストにお迎えし、レロイ・ザネ(マンチェスターC)のテクニックをマニアックに分析&解説します!


blog_Thu.jpg

【4/12】コメンテーター:名良橋晃、ワッキー(ペナルティ)
4月からリニューアルしたFoot! THURSDAY。高校選手権出場経験の無い元日本代表プレイヤー名良橋晃さんと、強豪 市立船橋サッカー部出身のお笑い芸人ワッキーのコンビで、今の高校年代のサッカーを追いかけます!
未来の日本サッカーを背負って立つダイヤの原石を探しだせ!
▽高円宮杯プレミアリーグ開幕!高校年代の強豪チーム対決に注目!
▽気になる海外クラブの育成事情
―ケルンユースのGKコーチ田口さんに聞く


blog_Fri.jpg

【4/13】ゲスト:津村記久子(小説家) & 平畠啓史
▽今回のFoot!FRIDAYは、"J2の楽しみ方"をテーマにお送りします!
全国各地のJ2スタジアムを回っているお二人に、お気に入りのスタジアムから、おすすめのスタグル、各クラブのサポーターの特徴など、J2の楽しみ方をたっぷりと語って頂きます!




※放送内容は変更となる場合がございます。


Foot!について

2000年の番組開始から15年以上に渡り、良質かつ多彩な企画で人気を博してきた、J SPORTSオリジナルサッカー番組「Foot!」。2011年8月から、週5日放送のデイリーサッカーニュースとしてリニューアルし、世界のサッカー情報を余す ことなく紹介する。
ナビゲーター紹介
スタッフ紹介
放送予定

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最近のエントリー


カテゴリー


お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
select month...



お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。


視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら




本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.