北京五輪アジア最終予選 カタール×日本

  • 2007年10月18日 05:02
  •  
  • このエントリーを

含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

ありゃりゃりゃりゃって感じですかねえ。EURO予選の大一番を録画してTVの前で臨んだ、こちらも大一番の最終予選・カタール戦。先制点はセットプレーという形から考えても、前半終了間際という時間帯を考えても理想的。しかし青山はよく決めますねえ。ここまで最終予選3ゴール中、1人で2ゴール。Jリーグ通算でも3年間で3ゴールですから、いかにノッてるかがおわかり頂けるでしょう。ただ、その最終予選で生まれた3ゴールすべてがセットプレーから。勿論確実にゴールを狙える武器があるのは素晴らしいことなんですけど、正直4試合を見ていても流れの中からゴールが生まれそうな予感は乏しいですね。まあ今日は負けないことが大前提の試合でしたからワントップにして中盤を厚くしたのはわかります。ただ、柏の試合を見ている人はご存じだと思うんですけど、チュンソンはポストプレーヤーじゃないですからねえ。ワントップに入って攻撃の基点になることを要求するのは酷ってもんです。前線からのチェイシングには定評がありますが、最終予選なんだから誰でもチェイシングくらいしますって。個人的には何で平山を使わなかったのか疑問が残ります。私はFW陣の中で一番ゴールを決める確率の高いのは平山だと思ってるんで。スタメンの布陣、森島というカードの選択から最悪ドローもやむなしという雰囲気が伺えちゃいました。それが終盤に押し込まれた遠因になったのかなあという印象です。まあ結果的にはセットプレーとPKですから、伊野波のハンドも含めて不運だった点も否めませんが、やはり2点目を取りに行くより1点を守ろうという意識が高くなり過ぎたのが、残念な結末を招いてしまったことも否定しきれないような気がします。これで日本が残すのは、アウェイのベトナムとホームのサウジアラビア。対するカタールはホームのベトナムとアウェイのサウジアラビア。何にせよ、日本が北京への切符を手に入れるには勝ち点6を取るしかありません。まずはベトナム戦、森島と家長は出場停止。現状前線にドリブラーが乏しいメンバー構成なので、今のJでのパフォーマンスを見ている限り、興梠か寺田、香川あたりを呼んでみるのも面白いような気がします。そうか、フッキも五輪世代… 写真はアトランタ五輪金メダリストのカヌーさん。  AD土屋




この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (9) | トラックバック (0) | ページトップ

このエントリーのトラックバックURL

https://www.jsports.co.jp/blog/mt-tb.cgi/2843

コメント

comment # 1

>私はFW陣の中で一番ゴールを決める確率の高いのは平山だと思ってるんで。

僕もそう思います。直観です。原博美さんの直観もそういってるみたいですし、間違いない!

はとのポーズを代表で見たい!

投稿者 kosuke fumoto : 2007年10月18日 07:29

comment # 2

残念な結果になってしまいました。
試合中に怒ったり、悲しんだり眠くなることは多々あるのですが、
試合が終わった後で泣きそうになるのは代表戦くらいで、前半いい
時間帯で得点できたのにリードを守れないのはアウェイといえども
辛いですね。

素人の印象に残っているのが本田の中央に切れ込むドリブル、
枠に飛ばないシュート、試合前の疲れた表情でメガネを拭く反町監督。
前半はよかった、後半森島というカードの選択「えっ平山に放りこまないの?」

「超攻撃」型にスイッチが急に入るか難しいと思いますが、
勇気を持って戦わなければいけない状況。

アウェイのベトナム戦で何点取れるのか、国立での戦いを繰り返したら
もう終わりなので奮闘して欲しいですね!

頑張れ、サウジアラビア!(他力)

投稿者 さわだ : 2007年10月18日 10:49

comment # 3

正直言って監督に問題があるように感じました。
A代表と同じ日に試合をしたので余計に・・・

投稿者 JJ : 2007年10月18日 12:51

comment # 4

「あ~惜しかったなぁ。」というのが、率直な感想です。

>2点目を取りに行くより1点を守ろうという意識が高くなり過ぎた
試合を見終わってすぐは、僕はそれほど「守ろう」とし過ぎてはいないと思ったのですが…。う~ん、やはり前半のアグレッシブさと比べると、後半は徐々に消極的になっていったなぁとも思います。

僕はゲーム内容は悪くはなかったと思います。(むしろ良かったくらい…言いすぎかな。;) アウェーでグループ2位カタールが相手。その状況を十分に踏まえた戦い方だった。前半、FW1人に二列目の柏木や水野、本田が絡んで、速さのある縦への仕掛けで狙い通りに相手の守備網を崩していた。“決定的チャンス”まではいってないですけど…。

でも、やはりリードしたからなのか後半だんだんとそれが見られなくなったことや、シュートを打てる場面で打たないシーンがあったのは“すんっごい”不満です。「コラッ!本田!柏木!」って感じです。(笑)
「結果と内容が一致しなかった」というか、「敗因=不運」でいいと僕は思います。ロスタイムにアクシデントのハンドでPK与えるなんてなかなかないですし。

>私はFW陣の中で一番ゴールを決める確率の高いのは平山だと思ってるんで。
同じく僕もそう思います。好みのFWではないんですけど、決定率では絶対NO.1!(笑) 次戦期待しましょう!

投稿者 エイエイゴー : 2007年10月18日 17:37

comment # 5

(すいませんロシアvsイングランド面白すぎで)
主に後半からでしたが、なんでマンマークなんですかねぇ。
そして1トップに李。変に監督にプレッシャー掛け過ぎたからか、慎重というより臆病でしたね。

普通にやれば勝てるはず。実際最後の精度と枚数で点が取れないだけな気が。

危機感よりはむしろ面白いと感じてしまう。
いまいち本気さを前面に出したがらない雰囲気を感じるので、この世代。
むきだしで挑んで欲しい。

前回だってヒヤヒヤ、シドニーは別物、アトランタは苦しいとかそんなレベルじゃないし、
まだ黄信号これから
特にFWカレン・菅沼などに期待、普通に2トップで行こう。

(まあ監督駄目出しはいくらでも出来るけど、いまさらだし)

PS.粕谷さんを是非今度呼んでくださーい。(笑)

投稿者 松 : 2007年10月19日 00:51

comment # 6

試合を見てて感じたことは、カタールが全然怖くない、これ程度?
と思っていたんですがね・・・、同点にされてから、完全に向こうに
流れが行きましたね。
選手交代含め、攻めるのか、守るのか(多分、反町監督は守るつもり
だったと思いますが、それでもあれだけ効いていた柏木外すのは、
ないと思う・・・)、中途半端でした。

でも、今までの試合もそうでしたが、いつかこういう痛い目にあう
予感はしていました。
敗因は、ずばり、2点目が取れなかった、これに尽きる、と思います。
相手にとどめをさす2点目を、予選を通じて取っていない。
1-0では、今回のような事があるのです。

一番痛いところで、今までのつけが出た感じですが、あと2戦は、
否が応でも、点を取らなければいけない。
スキル的にはライバルより上、あとは個々の力をチーム力として昇華できるか
どうか、五輪へぜったい行く!!という意気込みを見せてほしいものです。

投稿者 サッカー小僧! : 2007年10月19日 01:29

comment # 7

試合終了後のカタールの選手の喜びようから、アジアでの日本の立場というのを認識させられましたね。だからこそ日本には勝ってほしかったです。
まだまだ伸びしろあるチームだと思いますし、反町さんも批判されているほど悪い監督では無いと思うので、なんとか突破してほしいです。
そのためにはベトナムには悪いですが、ベトナム戦での大量得点での勝利、つまりFWの奮起が必要なので、平山には是非とも、今までの批判を吹き飛ばすくらいの活躍を期待しています。
>興梠か寺田、香川あたりを呼んでみるのも面白いような気がします。
面白そうですね。あと梅崎も面白そうですよね。彼にはフィニッシュも期待できるので、平山のポストプレーから、梅崎がズドン、なんてのも考えてみたりしてます。彼なら、五輪代表のシンデレラボーイになれるかも。
香川は・・ちょっと勘弁してください(笑)。ちょうどセレッソも山場だし、ただでさえ過密日程なJ2なので、彼にはあんまり負担をかけさせたくないので・・。でも本戦には出て欲しかったりします。(柿谷はちょっと難しいか)

投稿者 mi : 2007年10月19日 22:01

comment # 8

それなら、柏木だって広島が降格争いをしているし、梅崎もまたしかりなので、香川だけ呼んでほしくないというのは勝手な話ですね。(呼ばれるかどうかは解かりませんが)

投稿者 mi : 2007年10月20日 12:09

comment # 9

コメントの返信が遅れて申し訳ありません。

>kosuke fumotoさん
原さんの直感!うーむ、信用していいのかどうなのか☆
ただ、平山ほど国際経験豊富な選手は他にいないですし
FW陣の中で一番ゴールの形を持っているのも彼だと思うので
残り2試合、文句なくスタメン起用されるくらい奮起して頑張ってほしいものです。

>さわださん
そうですね。アウェイ戦で決める先制点の時間帯としては申し分なかったでしょう。
リードを守れない所まではまだ最悪許容範囲だとしても
リードをひっくり返されてしまっては… しかもあれだけ圧倒しておきながら。
画伯も言ってましたが、FK蹴らないなら本田圭祐をスタメンで出すのはどうなんでしょう。
FKを差し引いたら家長の方が確実に計算できる武器が多いだろうなあと。
冷静に考えれば、確かにドローでも数字上はカタールより上に来るので問題なかったですけど
同点に追いつかれてから10分くらいあった中で、平山を投入せずに
最後は柏木を下げて上田というのは、明らかに勝ち点1を取りに行った交替策でしたね。

>JJさん
うーん、確かにこの試合の采配に関しては色々疑問を感じてしまいましたねえ。
ブログでも書きましたが、やはりチュンソンのワントップという選択はどうたったのかなと。
正直、カタール守備陣にそれほど強さは感じなかったですから
平山か森島康とチュンソンを組ませた2トップでやっていたら結果は少し違っていたかもしれませんね。
まあ岡崎の負傷離脱でプランが狂った側面もあったでしょうが…

>エイエイゴーさん
そうですね、途中までは守ろうとしてはいなかったと思います。
ですが後半途中、森島が投入されたくらいからは
意識的なのか無意識なのかはわかりかねますが、守備の時間が多くなったように私には見えました。
私もゲーム内容自体はエイエイゴーさんと同意見です。
確かに“状況を十分に踏まえた戦い方だった”でしたね。
ただ、カタールはぶっちゃけ結構日本と実力差があるように感じられました。
あれだったら一気呵成に攻撃に出ていれば、もっとゴールを奪えた可能性もあったのではないかなあと。
敗因は不運でしたが、1点はセットプレーで寄せが甘かったところをヒールキックで奪われましたし、
逆転ゴールもあれだけ押し込まれれば、事故が起こる確率も当然高くなるので
不運とはいえ、自分たちで招いてしまった不運という気がしています。

>松さん
このゲームに関しては、“普通にやれば勝てるはず”というご意見に同意しますわ。
あとは覇気が見られないとか、ピチピチしてないとか色々言われていたこのチームですが
前回のホーム・カタール戦では数的不利の中、必死の戦いを見せてくれて
内容云々より気持ちも十分持ち合わせてくれていることを証明していたのに
なんかまた元の雰囲気に戻ってしまったような印象を受けました。
1ヶ月くらい間が空いちゃうとリセットされてしまうんですかねえ。
まあでも本当にこれからでしょう。もう勝つしかなくなって逆にやり易くなったかもしれませんから。
粕谷さんにも出て頂く予定はありますが、いつになるかはまだ未定ですので楽しみにお待ち下さい☆

>サッカー小僧!さん
やっぱりそう思いましたよねえ。カタール怖くなかったですよねえ。
おっしゃる通り、トータルで中途半端だった印象です。
思いのほかチャンスが作れそうな雰囲気でしたけど、あえて行ききらない中
なまじ先制点も入ってしまったので、そこからのゲームプランが難しくなったのかもしれません。
まあ柏木を替えたのは、もう同点でOKという意図が感じられる
多分に時間稼ぎの側面もあった交替だったように感じられましたが
上田康太がどういう指示を受けて投入されたのかが興味深いですね。
まあ彼にとってはかなり難しい状況でしたから、かわいそうな感じもしました。
確かに2点目が取れない状況が続いてますが、チャンス自体はないわけではないので
今まで使ってきた選手に固執せず、直近のリーグ戦数試合でゴールを多く挙げたFW2人を
そのまま2トップで使うのがベストではないでしょうか。
リケルメみたいなケースは超レアですから☆

>miさん
このゲームの采配は正直疑問が残りますが、反町さん自体は言われてるほど悪くないでしょう。
自身もこういう厳しい予選を戦うシチュエーションは
選手時代通じて初めてでしょうから、慎重になっている面はあるのかもしれません。
でも本当にダメな監督だったら、選手があそこまで「ソリさんのためにも勝って周囲を見返してやりたい」と
口を揃えて発言することもないでしょうから、是非とも通過してもらいましょう!
まあ五輪代表に選出されるのは現実的ではないでしょうが
香川と柿谷は今月末からU-18代表で拘束されてしまいますよね。
まさかそんな所に、そんな招集が隠されていようとは。
本来非常に名誉なことだとは思いますが、セレッソちょっと厳しいんじゃないですか??

投稿者 AD土屋 : 2007年10月23日 19:55

コメントを投稿する




ログイン情報を記憶しますか?


[an error occurred while processing this directive]
PREMIER LEAGUE

J SPORTS FOOTBALL

Foot! とは?

2000年の番組開始から10年以上に渡り、良質かつ多彩な企画で人気を博してきた、J SPORTSオリジナルサッカー番組「Foot!」。
2011年8月から、週5日放送のデイリーサッカーニュースとしてリニューアルし、倉敷保雄、西岡明彦の両氏が、世界のサッカー情報を余すことなく紹介する。

ナビゲーター紹介

倉敷保雄、西岡明彦

倉敷保雄西岡明彦

Monday 月曜日:【MC 西岡明彦】
ヨーロッパ三大リーグ、イングランド、スペイン、イタリアの注目のゲームを現地メディアの記事を交えながら紹介。各国リーグの最新ニュース、トピックスもフォローし、他では見られないハイライトをお届けする。

Tuesday火曜日:【MC 西岡明彦】
ヨーロッパ主要リーグ、ドイツ、フランス、オランダ、ロシアの注目のゲームを現地メディアの記事を交えながら紹介。日本人選手の動向を中心に、各国リーグの最新ニュース、トピックスもフォローし、他では見られないハイライトをお届けする。

Wednesday水曜日:【MC 西岡明彦】
2008年から今年5月まで放送してきたプレミアリーグ情報番組「ENG -English News Gathering-」の番組コンセプトを継承しヨーロッパの現地メディアの記事を詳細に分析するとともに、人気の連載記事や評判の特集記事なども紹介。また、番組独自の取材による企画も随時放送。

Thursday木曜日:【MC 西岡明彦】
Jリーグを中心とした情報番組。「フットボール・アンチクライマックス(2002~2005年 放送)」「Jリーグ・プレビューショー(2006~2007年 放送)」の制作手法を継承。『そしてフットボールは続く…』を合言葉に「終わりなきフットボール的日常」をショート・ドキュメンタリーのスタイルで描く。

Friday金曜日:【MC 倉敷保雄】
金曜日は"ESPECIAL"と題し、月~木Foot!とは一線を画したスタイルでお届け。これまでの特集主義を継承しつつ、今シーズンはブラジル&アルゼンチンリーグのハイライトも。MC倉敷氏がゲストと共に、世界各国のフットボールをマニアックに分析する。

J SPORTS 視聴方法

J SPORTSは、スカイパーフェクTV!、スカパー!e2、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。


>>詳しい視聴方法


J SPORTS見るならスカパー!e2

今週の放送予定

[an error occurred while processing this directive]
  • 初回放送 初回放送
  • J sports 1 J sports 1
  • J sports 2 J sports 2
  • J sports Plus J sports Plus
  • J sports ESPN J sports ESPN

>>Foot!詳しい放送予定をチェック


PR

  • RSS2.0
  • ATOM