1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ツール・ド・フランス2016 レースレポート

THE STAGES
  1. 第1ステージ
THE STAGES

第15ステージ 7/17 Sun.

焼け付くような太陽の下で、前と後ろの、ふたつのレースが繰り広げられた。30人の巨大な逃げ集団は、最後には2人になってフィニッシュラインへ飛び込んできた。スプリントでハリンソン・パンタノが初めてのツール区間勝利を手に入れ、精力的に加速を繰り返したラファル・マイカは山岳ジャージ奪還で満足するしかなかった。総合勢からは軽いジャブを繰り出した選手もいたが、結局のところ、誰一人としてスカイのかけた閂をぶち壊すことはできなかった。ほぼ全員が引き分けで1日を終えた。


区間優勝を飾ったハリンソン・パンタノ区間優勝を飾ったハリンソン・パンタノ

前方のレースは、マイカこそが、間違いなく中心人物だった。スタートから20km過ぎの1級峠で、真っ先に飛び出すと、勢いよく先頭で駆け上がっていったのだ。なにしろ2014年に山岳賞を持ち帰ったヒルクライマーは、赤玉ジャージにほんの13ポイント足りなかった。もちろん6つの難峠が一気に登場するこの日は、大逃げ=ポイント収集の旅におあつらえ向けだ。こうして得意の山の脚を思う存分発揮すると、1つ目の山からさっそく満点10ptを懐に入れた。

山を下るころには、逃げ集団は30人にまで膨らんでいた。マイカにとっては、決して心穏やかな状況ではなかったはずだ。山岳賞3位のダニエル・ナバーロ、4位トム・デュムラン、6位セルジュ・パウエルス、7位スタフ・クレメントと、うっかりすると危険人物になりかねない選手たちもグループに滑り込んでいたからだ。

特にパウエルスは3つ目と4つ目の3級山岳で、マイカにタイマンを張ってきた。アンドラで山頂フィニッシュを制したデュムランは、超級手前の小さな登りを利用して、独走態勢に持ち込もうとさえした。またヴィンチェンツォ・ニーバリやドメニコ・ポッツォヴィーボ、パンタノという山岳巧者も、先へと突進した。しかし抜け駆けの企みは、全て上手く握りつぶした。あまりに大きすぎた先頭集団も、13人にまで絞り込んだ。

超級のグラン・コロンビエでは、イルヌール・ザカリンが最初に仕掛けた。今ジロ最終盤、ダウンヒル中の落車負傷で……総合5位のままリタイアしたロシア人に、最終的な今ジロ総合5位のマイカはすかさず飛び乗った。どうやらザカリンは山岳賞には興味がなかったから、争わずして超級の満点25ptも手につかんだ。

上りも難しいけれど、グラン・コロンビエは、テクニカルな下りでも有名だ。そんな細く曲がりくねった危険な道を利用して、ジュリアン・アラフィリップとパンタノはまんまとマイカ&ザカリン先頭に追いついた。それどころかアラフィリップは、ひとりでどんどん先へと行ってしまった!

ところが、すぐに、フレンチパンチャーが道端に立ち止まっている姿が目撃される。チェーンの調子がおかしく、ついには完全に外れてしまったのだ。

「前で戦えて満足してる。でも、些細な問題で足止めを食らったことには、がっかりしているんだ。だって本当に全力を尽くしたし、最終盤の地形は僕にぴったりのはずだったから」(アラフィリップ、ゴール後TVインタビュー)

フランス人による今大会初ステージ勝利の希望は消え去り、また、ロシア人による優勝の可能性も吹き飛んだ。ザカリンはいつの間にか、先頭集団から姿を消していた。原因はどうやらメカトラブルのせいでも、ジロ落車によるトラウマでもなかった。


先頭を行くラファル・マイカとイルヌール・ザカリン先頭を行くラファル・マイカとイルヌール・ザカリン

「下りの途中に、片方のコンタクトレンズが外れたんだ。つけ直そうとしたけれど、戦いは緊迫していたし、スピードも速かった。だから結局はつけ直せなかった。片方のレンズだけで走り続けなきゃならなかった。片目は良く見えて、もう片目はまるでよく見えないから、難しかったんだ。僕にできることは何もなかった」(ザカリン、チーム公式リリース)

そしてマイカとパンタノは2人になった。最終峠1級ラセ・デュ・グラン・コロンビエの上りで、マイカは力強いアタックを決める。先頭通過10ptを獲得するためであり、もちろん、区間勝利をつかみ取るためでもあった。しかし、またしても下りで--超級グラン・コロンビエからの下りの下半分がそのまま使用された--、パンタノは追いついてきた。

「山岳ジャージとステージ優勝を両方獲りにいくのは、決して簡単なことではない。それでも全てが欲しかった。もしもゴールが山頂だったら、結果は違っていただろう。でも下りでは、あまりリスクを冒したくなかった。4日前に落車したせいで、腕を痛めていたから。未だに道路の振動が腕に響いて痛いんだ」(マイカ、ミックスゾーンインタビュー)

ゴールは下った先だった。だから下りで2度追いついてきたパンタノに、勝利の女神は微笑んだ。スプリント力でも一歩上回り、本人にとっては人生初めてのグランツール区間勝利をつかみ取った。ちなみに、ほんの1か月ほど前に、ツール・ド・スイスでプロ初勝利(欧州初勝利)を手に入れたばかり。

「去年の僕はプロとしての走り方を学んだ。今年は確認の年だった。ツール・ド・スイスを勝った後でさえ、今日の勝利をつかむために、さらに成長を遂げたのさ」(パンタノ、公式記者会見)

ところで所属チームのIAMは、ジロ開催中に「今シーズ末での解散」を発表したものの、皮肉にもその2日後にチーム創設以来初めてのグランツール勝利を祝っている。どうやらその後、オーナーのミシェル・テタズ氏は、改めて「来季」に向けたサブスポンサーを探し始めているらしい。偶然か必然か、翌日第16ステージから3日間、ツール一行はIAMの登録国スイスで過ごす。パンタノの快挙が、もしかしたら、何か明るい話題につながるだろうか。

2位に終わったマイカは、この日だけで山岳ポイント50ptを荒稼ぎ。当然、念願の山岳ジャージに袖を通し、敢闘の証「赤いゼッケン」もご褒美に授与された。

後方のレースで、最初に動いたのはアスタナだった。スカイが制御するメインプロトンは、逃げに9分近いリードを許し、ただ淡々とリズムを刻んていた。ところが超級グラン・コロンビエにさしかかると、突如として、水色のカザフスタン軍が加速に転じた。しかも、下りでは、前に逃げていたニーバリとタネル・カンゲルトと合流し、隊列の強化を図った。メイン集団は一気に小さくそぎ落とされた。

そして、続く1級の「つづら折り」グラン・コロンビエで、満を持してリーダーのファビオ・アルがアタックを試みた。一度、二度、と加速を畳みかけた。

これをきっちり回収に向かったのが、スカイの山岳アシスト、ワウテル・ポエルスだった。総合ですでに5分以上遅れている選手の攻撃など、マイヨ・ジョーヌ自らが動くほどの謀反でもなかったのだろうか?この春リエージュ〜バストーニュ〜リエージュを制した「他のチームなら間違いなくリーダーに指名されるべき強者」(byフルーム)は、すぐに後輪に張り付くのではなく、ただテンポを一段上げることだけで対処した。

やはり最終峠の、もう少し山頂間際では、今度はロメン・バルデが攻撃に転じた。

「よく知っている道だったし、大好きな道だから。なにより、その後にカーブの多い下りが待っていたからね」(バルデ、ゴール後インタビュー)

総合7位の加速に対しても、やはりポエルスが引っ張り上げる役目を果たした。今回は、単に「淡々と」ではなかった。バルデに先頭でダウンヒルを行かせてはならない、とばかりに、山頂間際では少々「荒々しく」先頭を奪い返した。

「スカイ相手に、あんな攻撃の仕方は、必ずしも最良の選択肢ではなかったかもしれない。協力し合えるような誰かが、後ろから僕を追いかけてきてくれたらよかったんだけど、結局は誰も来なかった。だから僕自身も、それほど無理には粘らなかった」(バルデ、ゴール後インタビュー)


最後の登りに挑むハリンソン・パンタノとラファル・マイカ最後の登りに挑むハリンソン・パンタノとラファル・マイカ

アルの時も、バルデの時も、実はモヴィスターのアレハンドロ・バルベルデが同調するような動きを見せている。またモヴィスターは、エスケープにも2人アシストを忍び込ませていた。いずれもチームリーダーのナイロ・キンタナのもしものアタックに備えて……とのことだったが、スペインチームのアシストは何も効果的な働きはできなかった。

フルームは有能なアシストの背後で、厳しい道のりにも、ひどい暑さにも負けず、落ち着いて走り続けた。ただ1度だけ、びっくりするような行動をとった。やはりラストの1級峠だった。突然アシストの後輪から飛び出すと、ほんの数回クルクルクル、とペダルを高速で回した。かと思うと、一瞬でまた、元の静かなリズムを取り戻した。これは、いわゆる、フェイントだった。

「ライバルたちの状態を見極めたかったんだ。誰が僕の後輪にはりついてくるのか、この先アタックを打ってきそうな選手は誰なのか。そんなことを把握しておきたかった。キンタナはすぐに、僕の後輪に飛び乗ってきたね」(フルーム、公式記者会見)

山頂間際での攻撃予告、も実は兼ねていた。結局それも前述のとおり、バルデとポエルスの一瞬の攻防に取ってかわった。下りでバルデとバルベルデが、もう1度だけ共謀を仕掛けるが、何も劇的なことは起こらなかった。

「もっと他のチームや他の選手が仕掛けてくるに違いない、って思っていたから、今日の状況には少し驚いている。おそらく誰もが体力的に限界で、違いを作り出せるほどの強さを持っていなかったのだろう」(フルーム、公式記者会見)

こうして総合の上から13人中、12人は仲良く揃って、同タイムでフィニッシュラインを越えた。ただ1人だけ、ティージェイ・ヴァンガーデレンが1分28秒を失い、総合6位から8位へと後退した。

翌第16ステージには、ツールはスイスのベルンへと入場する。今年限りの現役引退を宣言している、ファビアン・カンチェラーラの生まれ故郷だ。なにやらツールの現場では、ベルンでカンチェがツールをリタイアするらしい、という噂話が流れている。嘘か誠か。ただもしも本当だとしたら、ファンにとっては少々悲しい決断だけれど……。だったら堂々と、勝ち逃げを狙ってもらうしかない!

リザルトはこちらから

text:宮本あさか
写真すべて:©Yuzuru SUNADA



J SPORTS オンデマンド
J SPORTSを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

Cycle*2018 ツール・ド・フランス 第21ステージハイライト

Cycle*2018 ツール・ド・フランス 第21ステージハイライト

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

Twitter

サイクルロードレース 人気記事ベスト3


本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.