1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

しゅ~くり~む ら


January 15, 2019 11:59 PM /

ツアー・ダウンアンダー開幕!

19011501.jpg2019年最初の「UCIワールドツアー」となる、「サントス・ツアー・ダウンアンダー」がオーストラリアのアデレード周辺で開幕いたしました。

初日を制したのは「ウルフパック」のエーススプリンターを担うエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア/ドゥクーニンク・クイックステップ)でした。

さて、年明けのブログで書いた「2019年自転車界びっくり10大予想(栗村妄想)」の項目の一つである「クイックステップの勝利数が2018年の半分に...」という予想は早くもなんとなく外れそうな気配となって参りました...。

ちなみに昨年の同チーム及び所属選手の勝利数を改めて確認してみると以下の様になっています。

◯2018年クイックステップ・フロアーズ=チームとして73勝

◯エリア・ヴィヴィアーニ=18勝

◯ジュリアン・アラフィリップ=12勝

◯フェルナンド・ガヴィリア=9勝(UAEへ移籍)

◯ファビオ・ヤコブセン=7勝(22歳)

◯アルバロ・ホセ・ホッジ=5勝(22歳)

◯ボブ・ユンヘルス=4勝

◯ニキ・テルプストラ=3勝(ディレクト・エネルジーへ移籍)

ガヴィリアとテルプストラが抜けた穴は大きいと思っていましたが、こうやって見てみると意外と他の選手(特に若手スプリンター)も全体の勝利数に十分に貢献していることがわかります。

また、ヤコブセンとホッジは22歳と若いので、今シーズン更なる成長を果たす可能性も十分にあります。

明日の第2ステージもスプリンター向きのコース設定となっていますので、再びヴィヴィアーニが格の違いをみせつけるスプリントで開幕2連勝を飾るのか、注目されるところであります。

※写真は2011年のジャイコ・ヘラルド・サンツアーに宇都宮ブリッツェンが参加した時のもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



コンタドール引退特番!J SPORTS
サイクルロードレースを2週間お試し体験!

このブログについて

プロフィール写真【栗村修】
一般財団法人日本自転車普及協会 主幹調査役
1971年神奈川県生まれ
中学生のときにTVで観たツール・ド・フランスに魅せられロードレースの世界へ。17歳で高校を中退し本場フランスへロードレース留学。その後ヨーロッパのプロチームと契約するなど29歳で現役を引退するまで内外で活躍した。引退後は国内プロチームの監督を務める一方でJ SPORTSサイクルロードレース解説者としても精力的に活動。豊富な経験を生かしたユニークな解説で多くの人たちをロードレースの世界に引きずり込む。現在はツアー・オブ・ジャパン大会ディレクターとしてレース運営の仕事に就いている。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
select month...


視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.