1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

しゅ~くり~む ら


October 2, 2018 12:00 AM /

走ることは(食べることは)人生だ

オーストリアのインスブルックで開催された「自転車ロードレース世界選手権2018」の男子エリートロードレースを見事制したのは、38歳の大ベテラン、アレハンドロ・バルベルデ(スペイン)でした。

これまで同大会では、2位=2回、3位=4回と合計6回も表彰台に上がっていながらも、頂点に立ったことは一度のなかった大ベテランが、17年のプロキャリアの終盤でアルカンシェルに袖を通すことになりました。

キャリアの中盤にはオペラシオン・プエルトに関連して2年間の出場停止期間を経験しているバルベルデですが、その過去は何年時が経っても消えることのない事実であるものの、それでも人生の様々なアップダウンを経験した末に手にした最上の栄冠というものに、なにか「沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり」という人生の本質を感じてしまいました。

ということで、私は人生のもう一つの本質である「食べること」について、毎年恒例の「南魚沼グルメライド」に参加して参りましたので記録写真とともにご報告させていただきます。


18100211.jpg「台風接近中にも関わらず奇跡的に雨が一滴も降らないという環境下で開催された南魚沼グルメライドに参加しました。開会式には林茂男南魚沼市長も出席されました。」


18100201.jpg「スタート前に早くもご馳走が!」


18100203.jpg「スタート後20km地点に現れたのは今年もカレーうどん!すでにカロリーの収支はプラスに!」


18100207.jpg「30km地点ではなんと新米のコシヒカリをつかったおのぎりなどが登場!ペースを上げてカロリーを消費しなければなりません。」


18100205.jpg「もう何キロ地点かわからなくなりましたが次は焼き肉!!!」


18100204.jpg「最後のエイドではスイーツを中心とした別腹メニューが!」


18100206.jpg「今年は台風対策で上り区間がショートカットとなったものの約90kmを走りきりフィニッシュ!するとなんと5周年記念エイドなるものが!冷凍みかんと羊羹、アイスをいただきました!」


18100210.jpg「ということで、今年も見事に完走証ならぬ完食証をゲットし、南魚沼の食と大自然を満喫した次第です。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



コンタドール引退特番!J SPORTS
サイクルロードレースを2週間お試し体験!

このブログについて

プロフィール写真【栗村修】
一般財団法人日本自転車普及協会 主幹調査役
1971年神奈川県生まれ
中学生のときにTVで観たツール・ド・フランスに魅せられロードレースの世界へ。17歳で高校を中退し本場フランスへロードレース留学。その後ヨーロッパのプロチームと契約するなど29歳で現役を引退するまで内外で活躍した。引退後は国内プロチームの監督を務める一方でJ SPORTSサイクルロードレース解説者としても精力的に活動。豊富な経験を生かしたユニークな解説で多くの人たちをロードレースの世界に引きずり込む。現在はツアー・オブ・ジャパン大会ディレクターとしてレース運営の仕事に就いている。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
select month...


視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.