1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

しゅ~くり~む ら


September 2, 2018 4:42 PM /

このあと!ブエルタ前半戦最大の山場!

「第73回 ブエルタ・ア・エスパーニャ」は、前半戦最大の山場となる超級山岳フィニッシュ「ラ・コバティーリャ」へ向かう第9ステージを迎えます!

全長200km獲得標高差4,000mの厳しい山岳コースであり、フィニッシュ地点となる「ラ・コバティーリャ」は2011年の第8ステージ以来の登場となります。

02.pngphoto:Unipublic

ということで、ここまでの総合上位勢を「独断と偏見のコメント付き」でご紹介いたします。

1位 MOLARD Rudy Groupama - FDJ
本日リーダージャージを失う宣言?をしているもののなんとなく守ってしまう気がする。
2位 VALVERDE Alejandro Movistar Team +37s
今日のステージで今ブエルタの大枠がみえるとコメントしており2009年以来の総合優勝が視野に入るか?
3位 BUCHMANN Emanuel BORA - Hansgrohe +48s
イエーツと共にここまで最強のクライミングをみせておりWT初ステージ勝利なるか?
4位 YATES Simon Mitchelton-Scott +51s
ジロの苦い経験を生かして踏みすぎないようにクレバーに上るかもしれない。
5位 GALLOPIN Tony AG2R La Mondiale +59s
モラールと共に大会前に実施した高地トレーニングの効果はいかに?
6位 KWIATKOWSKI Michał Team Sky +1m06s
この峠を上れてしまえば終盤のタイムトライアルでまだ十分に逆転の可能性はある。
7位 IZAGIRRE Ion Bahrain Merida +1m11w
まずは総合表彰台圏内へジャンプアップしたいところ。
8位 QUINTANA Nairo Movistar Team +1m14s
ここまでノートラブルでやってきたキンタナが今ステージの優勝候補最右翼?
9位 KRUIJSWIJK Steven Team LottoNL-Jumbo +1m18s
ジャンプアップというか脱落しないことが重要か。
10位 MAS Enric Quick-Step Floors +1m23s
目標は最終的総合成績でトップテン入りすること。
11位 BENNETT George Team LottoNL-Jumbo +1m26s
チームメイトのクライスヴァイクとどの様なコンビネーションをみせるか?
12位 LÓPEZ Miguel Ángel Astana Pro Team +1m27s
今ブエルタで強力に上れていう選手の一人であり本日強烈にジャンプアップする可能性あり。
13位 ARU Fabio UAE-Team Emirates +1m28s
優勝経験者としてそしてチームからの信頼を取り戻すためにも脱落だけは避けたいところ。
14位 URÁN Rigoberto Team EF -Drapac p/b Cannondale +1m29s
ここまでは良い感じで来ているのでまずは優勝圏内へ順位を上げておきたいところ。
15位 DE LA CRUZ David Team Sky +1m34s
クウィアトとどちらがエースになるのか本日決定するか?
17位 KELDERMAN Wilco Team Sunweb +2m50s
パンクで遅れたステージの分を少しずつ挽回して終盤のタイムトライアルへと繋げたい。
18位 PINOT Thibaut Groupama - FDJ +3m08s
他国グランツール修行最後となるブエルタなので一発かましたい!
23位 HERRADA Jesús Cofidis, Solutions Crédits +4m50s
近年のなかでも状態は良いように感じる。帰ってきたブアに効果でチームの士気も高まっている?
25位 MEINTJES Louis Team Dimension Data +5m35s
まずはWTポイントを稼ぎたいところ。

また、参考までに2011年第8ステージの結果もご紹介いたします。

1位 MARTIN Dan Team Garmin - Cervélo
2位 MOLLEMA Bauke Rabobank Cycling Team st
3位 COBO Juan José Geox-TMC Transformers +03s
4位 WIGGINS Bradley Sky Procycling +04s
5位 FROOME Chris Sky Procycling +07s
6位 NIBALI Vincenzo Liquigas - Cannondale +11s
14位 PARDILLA Sergio Movistar Team +38s
17位 KRUIJSWIJK Steven Rabobank Cycling Team +41s
19位 ROCHE Nicolas AG2R La Mondiale +47s
22位 MORENO Daniel Team Katusha +50s
27位 MAJKA Rafał Saxo Bank - Sungard +1m08s

尚、注目の第9ステージは、スタートからゴールまで以下の内容にてこのあとたっぷりとお届けいたします!

◯Cycle*2018 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第9ステージ
タラベラ・デ・ラ・レイナ~ラ・コバティーリャ
9月02日(日)18:40~深夜25:30
生放送(無料放送)
prime video | チャンネル
JSPORTオンデマンド
J SPORTS 4

お楽しみに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



コンタドール引退特番!J SPORTS
サイクルロードレースを2週間お試し体験!

このブログについて

プロフィール写真【栗村修】
一般財団法人日本自転車普及協会 主幹調査役
1971年神奈川県生まれ
中学生のときにTVで観たツール・ド・フランスに魅せられロードレースの世界へ。17歳で高校を中退し本場フランスへロードレース留学。その後ヨーロッパのプロチームと契約するなど29歳で現役を引退するまで内外で活躍した。引退後は国内プロチームの監督を務める一方でJ SPORTSサイクルロードレース解説者としても精力的に活動。豊富な経験を生かしたユニークな解説で多くの人たちをロードレースの世界に引きずり込む。現在はツアー・オブ・ジャパン大会ディレクターとしてレース運営の仕事に就いている。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
select month...


視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.