1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

しゅ~くり~む ら


May 23, 2018 7:03 PM /

プロフェッショナル

18052301.jpg

「NTN presents 2018 Tour of Japan」は第4ステージまで終了しました(堺⇒京都⇒いなべ⇒美濃)。

明日は第5ステージ(南信州ステージ)となります。

本日の美濃ステージのスタート前に残念な一報が入ってきました。

「バーレーン・メリダ」所属の日本のスター選手、新城幸也選手が、前日の第3ステージの落車で負った怪我の影響でDNS(未出走)の決断を下したという内容でした...。

怪我の状況を考えるとDNSはある意味で当然の判断なのですが、新城選手自身は「走りたい」という強い意思を持っていたようで、それに対してチームドクターがストップをかけた状況だったようです。

朝に急遽開催した記者会見の席で、「ツアー・オブ・ジャパンでなかったら前日の時点でリタイアしていた」と語った新城選手の言葉を聞いて、正直、目頭が熱くなってしまいました。

実は昨年の12月に、新城選手は忙しいスケジュールの合間を縫って、美濃ステージ主催のトークショーに参加してくれました。

ちなみに、ツアー・オブ・ジャパン 美濃ステージは、地元の熱い想いを持った人生の先輩方が、文字通り手作りで開催を続けている地域密着型の手本の様なステージです。

新城選手が一泊二日で冬の美濃に訪れ、帰り際に地元の方から「もう二度と会えないかもしれないので一緒に記念撮影ができてとても嬉しいです」と言われた際に、「そんなことはありませんよ」と返事を返していたのがとても印象的でした。

本日、記者会見終了後に、新城選手と少しだけ話せるタイミングがあったのですが、その時に「よりによって美濃でDNSとはとても残念ですね」と心のうちを語ってくれました。

新城選手は、間違いなくあの時の言葉を覚えていて、そして、美濃ステージで再び表彰台に上がることを本気で考えてくれていたのだと思います。

いなべステージでの落車後にみせた献身的な走りはまさにプロフェッショナルでしたが、それと共に、「応援してくれるひとたちのために走る」という新城選手のマインドは、まさにプロフェッショナルの鏡だと感じた瞬間でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



コンタドール引退特番!J SPORTS
サイクルロードレースを2週間お試し体験!

このブログについて

プロフィール写真【栗村修】
一般財団法人日本自転車普及協会 主幹調査役
1971年神奈川県生まれ
中学生のときにTVで観たツール・ド・フランスに魅せられロードレースの世界へ。17歳で高校を中退し本場フランスへロードレース留学。その後ヨーロッパのプロチームと契約するなど29歳で現役を引退するまで内外で活躍した。引退後は国内プロチームの監督を務める一方でJ SPORTSサイクルロードレース解説者としても精力的に活動。豊富な経験を生かしたユニークな解説で多くの人たちをロードレースの世界に引きずり込む。現在はツアー・オブ・ジャパン大会ディレクターとしてレース運営の仕事に就いている。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
select month...


視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.