1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ジロ・デ・イタリア2016 レースレポート

THE STAGES
  1. ステージ01
  2. ステージ02
  3. ステージ03
  4. ステージ04
  5. ステージ05
  6. ステージ06
  7. ステージ07
  8. ステージ08
  9. ステージ09
  10. ステージ10
  11. ステージ11
  12. ステージ12
  13. ステージ13
  14. ステージ14
  15. ステージ15
  16. ステージ16
  17. ステージ17
  18. ステージ18
  19. ステージ19
  20. ステージ20
  21. ステージ21
THE STAGES

第10ステージ 05/17 Tue.

リザルトはこちらから

チーム全体の願いを背負って、若き選手が結果を導き出した。3人を逃げに送り込んだバルディアーニ・チエセエフェからは、21歳新人のジューリオ・チッコーネが独走勝利を手に入れた。集団前方で1日中働いたチームメートのため、なによりマリア・ローザ姿で必死の牽引を行ったジャンルーカ・ブランビッラのために、23歳ボブ・ユンゲルスはメイン集団に踏みとどまった。エティクス・クイックステップがチーム内にマリア・ローザを守り切った一方で、スカイはリーダーの不遇に見舞われた。優勝候補ミケル・ランダが、体調不良で自転車を降りた。

区間優勝を飾ったジューリオ・チッコーネ(バルディアーニ・チエセエフェ)区間優勝を飾ったジューリオ・チッコーネ(バルディアーニ・チエセエフェ)

休養日明け症候群。グランツールの休養日は、突然リズムが変わるせいか、体調を崩しやすい。残念ながら、ランダも、調子を大きく落とした。休養日前日の個人タイムトライアルでは、損失を最小限に食い止め、得意の山で活躍を期待されていたはずだった。

ところが、スタート直後に登り始めた3級峠で、早くもプロトンから脱落してしまう。バスクの同胞2人(ミケル・ニエベとダビ・ロペスガルシア)が側に付き添い、なんとか先を続けようと努力した。しかし、早朝から腹痛に苦しんでいたスカイのリーダーは、苦痛にただ顔を歪めるだけだった。畳み掛けるように、去年まで所属していたアスタナが、ライバルの異変に乗じて走行スピードを上げた。スタートから66km地点。メイン集団とのタイム差は約4分半。ランダは足を止めた。

スカイはどうやら今年も、ジロ獲りを失敗してしまったようだ。2013年ブラッドレー・ウィギンスは雨と寒さで体調を崩し途中棄権、2014年リッチー・ポートは春先からの体調不良で欠場、2015年ポートは落車で満身創痍で途中棄権、そして2016年はランダの胃腸炎……。2013年に限っては、急遽リーダーに昇格したリゴベルト・ウランが、総合2位へと滑り込んだ。対する今回は、もはやスプリント勝利さえ期待できない。エーススプリンターのエリア・ヴィヴィアーニが、第8ステージに、制限時間アウトで失格となっている。

自転車界屈指のビッグチームが災難に見舞われた一方で、小さなプロコンチネンタルチームは、前方に積極的に飛び出すことで存在感を見せつけた。

山の多い今ステージで、ジョヴァンニ・ヴィスコンティが、真っ先に意欲を示した。1つ目の山岳で山頂スプリントを決めると、2015年ジロ山岳賞はそのまま前方へと走りだした。後を追うように、プリジミスラウ・ニエミエツとニコラ・ボエムも飛び出した。こうして3人の逃げ集団が形成された背後では、さらなるアタック合戦が繰り返された。山岳賞2位のダミアーノ・クネゴが、チッコーネを含む数人と共に加速した。3年前の山岳賞ステファノ・ピラッツィや、その他の面々も、長い奮闘の果てにクネゴ集団へと合流した。

3人の先頭と、10人の追走。ところが、この2つの集団の距離は、思うように縮まらない。すでに60km近く追いかけっこしているというのに、タイム差はいまだ1分45秒。ここでバルディアーニは、思い切った作戦を実行した。それは先頭集団のボエムを、あえて後方に下げ……、ピラッツィとチッコーネのために消耗覚悟で前を引かせるというもの。そして、この少々危険な賭けが、上手く成功する。ほんの20kmほどの追走で、先頭集団は大きくひとつにまとまった。

「ボエムには特別な感謝の言葉を捧げたい。彼こそ真のチームメートだ。僕とピラッツィを助けるために、自分自身を犠牲にしてくれた」(チッコーネ、チーム公式リリースより)

必死に働いたチームメートの労に報いるかのように、1級山岳の山道で、ピラッツィとチッコーネはクネゴ以外のライバルを全て突き放した。残念ながら、山頂1位通過=35ポイントは、2004年ジロ覇者に奪われた。しかも新人が、山岳賞を狙っているはずの先輩を差し置いて2位通過してしまったものだから、ピラッツィは怒号を飛ばしたようだが……。

「僕とステファノはそれぞれにチャンスを狙いに行ったんだ。彼はすごく調子が良かったし、周りの選手もそれに気がついていた。だからあまり自由に動けなかったみたいだね」(チッコーネ、チーム公式リリースより)

ネオプロで、ほぼ無名の21歳は、自由に、そして思い切って動いた。下りのヘアピンカーブで、ピラッツィがクネゴと接触している隙に、ゴール前15km、勝利へ向かって旅立ってしまった!

「正直に言うとジロ出場だけでも驚きなのに、勝てるなんて、まるで夢みたい。素晴らしい成功だ。ただし、これは、最初の一歩に過ぎない。学ぶべきことはたくさんあるし、目の前に続く道は長い」(チッコーネ、チーム公式リリースより)

2015年「若手の登竜門」ツール・ド・ラヴニールで総合6位に入り、今季はステージレースの難関区間で幾度もひと桁の順位に入っているヒルクライマーは、7.5kmの最終峠を、力強く駆け上がった。プロ生活わずか5ヶ月で手に入れた初勝利が、グランツールの山頂フィニッシュだった。「彼は強かった。おめでとうと言いたいよ」と、12年前、22歳の若さでジロ総合優勝を果たしたクネゴも素直に脱帽する。

「僕も区間を狙っていたんだけど、猛スピードで下って行ったチッコーネに、まるで追いつけなかった。でも、とにかく、ジャージを取り戻せて本当に嬉しい。できる限り長く守りたい。今後2日間は幸いにも簡単なステージだから、きっと問題ないだろう。週末の山岳ステージに向けては、ロードブックを見て、じっくり研究しておくつもり」(クネゴ、TVインタビューより)

逃げが飛び出していった後、メイン集団は、エティックスが制御を続けた。オランダの平地ではスプリンター、マルセル・キッテルのために完璧なコントロール能力を発揮したが、この日は起伏だらけの道で、大いに苦労させられた。それでもマリア・ローザのブランビッラと、総合でわずか1秒遅れのマリア・ビアンカのユンゲルスのために、必死に主導権を握り続けた。

マリア・ローザを着たボブ・ユンゲルス(エティクス・クイックステップ)マリア・ローザを着たボブ・ユンゲルス(エティクス・クイックステップ)

ヴィンチェンツォ・ニーバリ率いるアスタナは、幾度となく揺さぶりをかけてきた。さらに1級山岳の山道に入ると、力づくで集団先頭を奪い取った。……ここで、まずは、トム・デュムランが千切れた。ピンクジャージを守ろうと6日間奮闘してきたオランダ人の、疲弊しきった体は、休養日だけでは回復しなかった。股ずれにも苦しみ、もはや強豪が刻むリズムについていくことはできなかった。休養日明けを総合7位・58秒遅れで走り始めたデュムランは、走り終えた時には、総合29位・11分42秒遅れへと大きく陥落していた。

恐ろしいアスタナの山岳戦隊は、さらに集団を小さく切り刻んでいく。エティクスのアシストは、もはや全員後方へと消え去った。そして山頂の手前3kmから急激に勾配が上がると、ユンゲルスはしがみつき、ブランビッラは滑り落ち……。

「アスタナには苦しめられた。ただ一旦脱落してからは、自分のペースで登ろうと決めた。下りで追いつけると分かっていたから」(ブランビッラ、チーム公式リリースより)

山頂でのタイム差は17秒。翌日、彼女と愛娘が応援にやって来る地元ステージを、なんとしてでもマリア・ローザ姿で迎えたい。そう強く願ったブランビッラは、全力でダウンヒルを行い、前方集団を捕らえた。しかし、今度は、モビスターに苦しめられる番だった。追いついた時には、総合でわずか32秒差につけるアンドレイ・アマドールが、すでに集団から飛び出していたからだ。

ここでマリア・ローザは、大きな決断を下す。すぐに集団の先頭に駆け上がると、ゴール前6.5km、懸命に引っ張り始めた。自らのジャージを守るためではなかった。アマドールとの差を最小限に食いとどめ、チーム内にマリア・ローザを留めおくためだった。残された力を、全て、ユンゲルスに捧げた。

「自分自身をチームのために犠牲にしよう、ボブのために走ろう、って思った。チーム全員が僕らのために本当に必死に働いてくれて、全てを費やしてくれた。そんな彼らのために、僕はそうしたんだ」(ブランビッラ、チーム公式リリースより)

「マリア・ローザが自ら、僕のために引くと決めてくれた。自分の人生の中で、これほど大きな恩義を感じたことはないくらい」(ユンゲルス、TVインタビューより)

ゴール前6kmでは、アマドールが「暫定」マリア・ローザだった。ゴール前3km、あともう少しで、ジャージを取り返せるところまで近づいた。ブランビッラからバトンを引き継いだユンゲルスは、最後は自らで力を振り絞った。幸いだったのは、前に逃げていたヴィスコンティと、後ろから追いかけたアマドールが、すぐには合流しなかったこと。

おかげでユンゲルスは、アマドールと「ほぼ」同時にフィニッシュへとたどり着いた。わずか4秒を失っただけだった。マリア・ローザを手に入れたチームメートから遅れること1分12秒、ブランビッラも勇敢に1日を締めくくった。

「ブランビッラには大きなありがとうを贈りたい。もちろんチームのみんなにも。きっと今夜、チームのみんなは、死ぬほど疲れているんだろうな。でも、やったかいがあった、と思ってくれるはず。僕はチームの仕事をしっかり完成させることができて、本当に誇らしい」(ユンゲルス、TVインタビューより)

ゴールでユンゲルスのマリア・ローザを喜ぶジャンルーカ・ブランビッラ(エティクス・クイックステップ)ゴールでユンゲルスのマリア・ローザを喜ぶジャンルーカ・ブランビッラ(エティクス・クイックステップ)

ルクセンブルクのシャルリー・ゴールが生まれて初めてマリア・ローザに袖を通したのは、今からちょうど60年前。23歳だった。ボブ・ユンゲルスも23歳で、生まれて初めてのマリア・ローザを肩に羽織った。2年前のジャパンカップの際に、「夢はツールの総合優勝。……あくまでも夢だよ」と語っていたユンゲルスだけれど、今宵はピンク色の夢を見るのだろうか。シャルリー・ゴールは同年1956年ジロで総合を制し、2年後の1958年にはツール総合も勝ち取っている。

総合本命たちに関しては、あいかわらず10名前後が、連なった団子状態でフィニッシュラインへ駆け込んだ。モビスターのアマドールが26秒差の総合2位に、リーダーのバルベルデも「小さなスプリント→分断」を成功させて総合6位→3位(50秒差)とジャンプアップ。総合4位キープのステフェン・クルイスウィク(51秒差→50秒)、同じく総合5位ニーバリ(53秒差→52秒差)との立場を僅差ながら逆転した。また前日までの7位デュムラン・8位ランダの空いた2枠には、そのまま9位と10位がスライドし、ラファル・マイカとヤコブ・フグルサングが入った。個人タイムトライアルの2度の落車で大きく後退したイヌール・ザカリンも、再びトップ10へ返り咲いた(9位)。

リザルトはこちらから

text:宮本あさか
写真すべて:©Yuzuru SUNADA

このページの上部へ戻る



J SPORTS オンデマンド
J SPORTSWEfEC^AXJp[I

facebook


ピックアップ動画

Cycle*2018 ツール・ド・フランス 第21ステージハイライト

Cycle*2018 ツール・ド・フランス 第21ステージハイライト

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

サイクルロードレース 人気記事ベスト3


本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.