1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ジロ・デ・イタリア2016 レースレポート

THE STAGES
  1. ステージ01
  2. ステージ02
  3. ステージ03
  4. ステージ04
  5. ステージ05
  6. ステージ06
  7. ステージ07
  8. ステージ08
  9. ステージ09
  10. ステージ10
  11. ステージ11
  12. ステージ12
  13. ステージ13
  14. ステージ14
  15. ステージ15
  16. ステージ16
  17. ステージ17
  18. ステージ18
  19. ステージ19
  20. ステージ20
  21. ステージ21
THE STAGES

第8ステージ 05/14 Sat.

リザルトはこちらから

白い道が、トム・デュムランからピンク色の衣装を剥ぎとった。古豪チームの巧みな戦術、使命を忠実に果たしたアシスト、優勝大本命たちの強烈な加速、そしていわゆるサドル痛とエネルギー切れ。あらゆる要因が重なって、首位から総合11位へと一気に転落した。代わりにばら色と区間とを同時に射止めたのは、大きな逃げを成功させたジャンルーカ・ブランビッラだった。未舗装の砂利道を単独で突進し、危険をかえりみずダウンヒルを攻めた。トスカーナの熱狂的なファンたちは、今大会初めてのイタリア人マリア・ローザに歓喜した。

未舗装路を走るデュムラン未舗装路を走るデュムラン

逃げが決まる。スタート前からそう運命づけられていた。地形的にスプリンターは追いかけてこないし、翌日に長距離タイムトライアルを控えているから、総合本命たちも区間最終盤以外は無駄に体力を使わないはず。大会開幕前どころか、3月上旬から、この第8ステージで逃げようと決めていた選手さえいる。

「ストラーデ・ビアンケで3位に入った時から、ずっとこのステージのことを考えていた」(ブランビッラ、公式記者会見)

スタート直後から、当然のように、激しいアタック合戦が巻き起こった。20km地点で13選手がエスケープの切符をもぎ取った。中でもAg2r、エティクス、そしてモヴィスターの3チームは、それぞれ2選手ずつ小集団に滑り込ませた。デュムランの同僚、ジャイアントのニキアス・アルントも前にいた。

エティックスとAg2rの4人は、区間勝利だけに焦点を絞っていた。だからマッテオ・トレンティンはブランビッラのために「自らを犠牲にして尽くした」し、ブレル・カドリはマッテオ・モンタグーティのために「クレイジーなほどに牽引」を続けた。トレンティンとカドリが全力で引っ張り合った逃げ集団は、メインプロトンから延々5分ほどのリードを保ち続けた。総合でわずか1分56秒遅れだったブランビッラは、「暫定」マリア・ローザとしてレース先頭を走っていた。

1度目のフィニッシュライン通過を終えると、2級峠アルプ・ディ・ポーティがやってくる。モンタグーティは山道で真っ先に加速を仕掛けた。数選手が後を追い、先を急いだ。

「上り序盤では他の選手たちにアタックさせておいた。だって一番重要なのは、ダートロードに入ってからの急勾配ゾーンだって分かっていたから」(ブランビッラ、公式記者会見)

山道を登り始めて約2km。ついに細かい砂利の道に突入した。勾配も10%から急激に14%へと跳ね上がる。そのタイミングを、ブランビッラは待っていた。全身全霊で加速をお見舞いした。あっというまに前をとらえ、そのまま他者には目もくれずに、あっさり振り払った。

「一番きついゾーンでやられてしまった。あそこで我慢してしがみついてさえいれば、その後は問題なく一緒にフィニッシュまで行けたはずなのに……」(モンタグーティ、チーム公式リリース)

第8ステージを制したブランビッラ第8ステージを制したブランビッラ

必死に追走を続け、未舗装路の終わり=山頂を25秒遅れで通過したモンタグーティは、しきりに後悔する。ただし、たとえアタックに反応できていたとしても、下りで果たしてついていけただろうか?なにしろブランビッラは全速力で山を上った後、カーブの多い下りに入ると、危険をまるで恐れぬ高速ダウンヒルを敢行した。そして「ラスト1kmに来て、ようやく勝利を確信した」(公式記者会見)。

中世の旧き門をくぐり、石畳の坂道を上り詰めた先には、生まれて初めてのジロ区間勝利の栄光が待ち受けていた。所属チームのエティクス・クイックステップにとっては、同じベルギーチームのロット・ソウダルと並ぶ3つめの区間優勝。さらに第3ステージのマルセル・キッテルに続いて(残念ながらこの夜に大会離脱を発表した)、チームにとっては今大会2枚目の、ブランビッラにとっては人生初めてのマリア・ローザさえ手に入った!

後方のメイン集団は、ブランビッラから1分41秒差でフィニッシュラインにたどりついた。もしもデュムランが問題なく1日を終えていたら、5秒差でジャージを死守できていたはずだった。

2級峠に入るまでは、ジャイアント・アルペシンが集団前方を制御していた。ところが、やはり未舗装の難勾配ゾーンで、アレハンドロ・バルベルデが猛烈な加速を見せた。しかも1度と言わず、何度も、畳み掛けるように。ジロ初挑戦のスペイン人が、これほど積極的に動いたのは、前方にモヴィスタ―のチームメート2人が逃げていたからだった。

「前に2人いたから、トライする価値があると考えた。山の麓から全力で山頂まで駆け上った。(逃げていた)ホセホアキン・ロハスもヤッシャ・ズッターリンは僕を待っていてくれて、あらん限りの力を尽くしてくれた。上手く行ったね。彼らは素晴らしい仕事を成し遂げてくれたよ」(バルベルデ、チーム公式HP)

バルベルデ+モヴィスター精鋭軍のスピードアップに、ほとんどの総合上位候補はしっかり食らいついた。2日前のアタックの失敗で不調が心配されていたヴィンチェンツォ・ニーバリは、この日は一切の隙を見せなかった。イヌール・ザカリン、ステフェン・クルイスウィク、エステバン・チャベス、ラファル・マイカ、リゴベルト・ウランも、極めて好調にペダルを回した。ほんの一瞬こそ出遅れたものの、ミケル・ランダやドメニコ・ポッツォヴィーボも追い付いてきた。

ただ、ピンク色のジャージだけが、あっさりと一撃で振り払われた。「未舗装路は僕にとって問題ではない。ストラーデ・ビアンケは2回出場して、2回とも20位以内で終えているし」と前日の記者会見で語っていたデュムランは、しかも、そのまま、ずるずると、後方へ沈んでいく。

「単にバッドデーだっただけ。昨日もそれほど良くなかったけれど、大した問題にはならなかった。今日だって重大な問題ではなかったんだ。ただレース中に、エネルギーがなくなってしまった」(デュムラン、チーム公式HP)

モヴィスターの逃げ2人が上りでたっぷりバルベルデを助けたのだとしたら、やはり逃げていたアルントが、苦しむデュムランのもとに駆けつけたのは、上りがほぼ終わってから。判断ミスか。伝達ミスか。それとも下りを利用して、距離を縮めるつもりだったのか。山頂では、すでに1分10秒以上のタイム差がついていた。

昨ブエルタの第20ステージでは、結局は追いつけなかったけれど、赤ジャージ姿のデュムランはたしかに下りで凄まじい追い上げを見せた。しかし、この日は、ライバルたちとの距離はまるで縮まなかった。

なにしろ下りでは、プロトン屈指のダウンヒル巧者、ニーバリも先頭を積極的に牽引した。翌日に個人タイムトライアルを控え、2014年世界選手権個人タイムトライアル銅メダリストから1秒でも多くタイムを奪おうと、メイン集団の11人は決して仲間割れを起こさなかった。ただひたすら、一塊になって、フィニッシュへと飛び込んだ。今ジロはどうやら、フィニッシュラインでの「分断」を厳しく取り締まることに決めたようで、またしてもメイン集団内で3秒の分断が発生したけれど。

ブランビッラがゴールしてから2分51秒後、デュムランがフィニッシュラインを越えた。バルベルデからは1分10秒遅れ、ニーバリからは1分07秒遅れだった。また総合では2位23秒差ザカリンから10位1分03秒差ランダまで、メイン集団に居残った選手がズラリと並んだ。デュムランは1分05秒差の11位に後退した。総合表彰台候補、すなわち総合2位から11位までのタイム差は42秒だ。

マリア・ローザを着たブランビッラマリア・ローザを着たブランビッラ

「今の状況を見る限り、本来のA計画に戻すことになるだろう」(デュムラン、チーム公式HP)

初日TTを勝った直後から、デュムランは幾度も繰り返してきた。今大会一番の目標は、第9ステージの個人TTを勝つこと。もしも調子を取り戻して、A計画を成功させられたら、再びデュムランが総合上位に踊り出ている可能性は大いにある。

「明日は最初から最後まで全力を尽くす。TTを最終走者として挑むのは生まれて初めて。全選手が僕の前を走っているわけだから、彼らに追いつき追い越すつもりでがんばらなきゃならない」(ブランビッラ、公式記者会見)

体重58kgと小柄な大逃げ野郎も、マリア・ローザを1日で手放すつもりはない。2年前、同じような地形のTTステージでは、2位以下に1分17秒という大差をつけて優勝したリゴベルト・ウランの、わずか1分53秒差の区間5位で終えている。

リザルトはこちらから

text:宮本あさか
写真すべて:©Yuzuru SUNADA

このページの上部へ戻る



J SPORTS オンデマンド
J SPORTSWEfEC^AXJp[I

facebook


ピックアップ動画

Cycle*2018 ツール・ド・フランス 第21ステージハイライト

Cycle*2018 ツール・ド・フランス 第21ステージハイライト

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧


本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.