ミッチェルトン・スコット チーム詳細

UCI World Team
オーストリア

ミッチェルトン・スコットMITCHELTON - SCOTT

ミッチェルトン・スコット
INTRODUCTION
スポンサー
MITCHELTON(ワインメーカー)、SCOTT(自転車メーカー)
バイク
SCOTT
チーム
Webサイト
http://www.greenedgecycling.com/
Twitter
@MitcheltonSCOTT
Instagram
mitchelton_scott
チームリスト
(UCI公式サイト)
https://www.uci.org/road/teams/

オーストラリア初のワールドチームは、2012年の誕生以来、破竹の勢いで勝ち進んだ。1月のダウンアンダーでいきなりワールドツアー大会総合を制し、同3月にはサンレモで初のモニュメントを獲得。たった2年で3大ツール全ての区間勝利も手に入れた。

しかもスプリント系チームとして走り出したチームは、自転車界屈指の総合系へと進化を遂げた。2016年にはジロで初めてのグランツール表彰台乗りを果たし、2018年ブエルタではついにグランツール総合制覇。創設8年目の昨季こそ、5度目のダウンアンダー総合を勝ち取った以外は大きなタイトルに恵まれなかったが、それでもグランツール区間5勝と実力を見せた。

そもそも創設当初から選手の出入りが少ないが、今季はことさらミニマリスト。2019年1月末にマシュー・ヘイマンが引退した以外、離脱したのはマッテオ・トレンティンだけ(6月にミヒャエル・アルバジーニが引退予定)。新加入もたったの3人だ。おそらく平地クラシックとスプリントステージでは戦い方を変えて臨むあが、その他は戦略面で大きな変化はない。

つまりサイモン&アダムのイェーツ兄弟をエースに擁し、ジロとツールの総合勝利を狙いに行く。昨ジロで劇的な復活区間勝利を飾ったエスデバン・チャベスと、山の仕事人ミケル・ニエベも、時にアシストとして、時にサブエースとして総合に絡んでくるだろう。

text:宮本あさか

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります