EFプロサイクリング チーム詳細

UCI World Team
アメリカ

EFプロサイクリングEF PRO CYCLING

EFプロサイクリング
INTRODUCTION
スポンサー
EF Education First(語学学校・留学エージェント)
バイク
CANNONDALE
チーム
Webサイト
https://www.efprocycling.com/
Twitter
@EFprocycling
Instagram
ef.educationfirst.procycling
チームリスト
(UCI公式サイト)
https://www.uci.org/road/teams/

おしゃれなアーガイル柄と、ドーピング撲滅スローガンを打ち出し、2005年に颯爽とプロトンデビュー。合併や解散の危機を乗り越えて、晴れて15年目のシーズンを迎えた。今季はチーム名から「エデュケーションファースト」という単語を外し、すっきり「EF」の名でスタート。鮮やかなジャージの内襟には、おなじみのアーガイル柄がちらり。

一昨季の停滞ムードを吹き飛ばし、昨季はワンデーレースでの活躍が特に目に付いた。特にフランドルではアルベルト・ベッティオルが衝撃を起こし、チームに5年ぶりのモニュメント勝利を献上。2011年ルーベ、2013年リエージュ、2014年ロンバルディアに続く4つ目のタイトル獲得で、つまり足りないのはミラノ〜サンレモだけ。2020年はマグナス・コルトニールセンとイェンス・クークレールというクラシックライダーを補強し、待望のプリマヴェーラ獲りに挑む。

2012年にジロ総合制覇を成し遂げたチームは、いつかツールとブエルタ制覇したいとの野望も抱く。そのために2020年は強力なクライマーを揃えた。特にツールは、遅咲きながら花盛りのマイケル・ウッズと、昨ブエルタで山岳区間1勝を挙げた新星22歳セルジオ・イギータを中心に、山の戦いを引っ掻き回すつもり。2017年ツールで総合2位に食い込んだリゴベルト・ウランに関しては、昨季秋の骨折からの完全復活が待たれる。

text:宮本あさか

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります