J SPORTS

素晴らしきスケーターの系譜

第1回 女子ジャンプ編 Part 1

2010年12月20日

キムヨナ 日本スケート界の重鎮・杉田秀男さんによる女子ジャンプの過去と現在。
いまだに名前があがる伊藤みどりさんの凄さ。その流れを汲む現役選手は・・・!?


 女子のジャンプに革命を起こしたのは、何と言っても伊藤みどり。20年弱経過した今でもその名は話題にあがります。当時、ジャッジが同点になった場合、技術点の高い方が上位となっていましたが、伊藤みどりが登場したことで、芸術点の高い方が勝つようにルールが変更となりました。それだけ伊藤みどりの技術が高く、彼女のジャンプはフィギュアスケート界にとってセンセーショナルでした。
 彼女は、連続ジャンプでも圧倒的でした。ジャンプは連続で跳ぶと、後のジャンプになるほど回転が弱く高さも低くなってしまいがちですが、彼女のジャンプは連続でもひとつひとつが非常に高く力強かったです。2本目のジャンプの方が高かったのは、ジャッジはもちろんのこと世界中を驚かせました。今では連続ジャンプを必ずどのスケーターも入れてきますが、なかでも伊藤みどりの流れを汲んでいるのは、キム・ヨナと言えるでしょう。2連続では2本目のジャンプの方が高く、3連続してもその回転や軸にブレがなくパワーやスピードも保たれています。軽やかに連続して跳ぶ姿は、かつての伊藤みどりに匹敵してます。

コンビネーションジャンプ女子

 男子並みの跳躍力と回転を誇る伊藤みどりの代名詞といえば、やはりトリプルアクセル。未だに彼女を越える選手はいないと言われる程ですが、近年では唯一浅田真央が伊藤みどりのトリプルアクセル継承者と言われています。今シーズンはまだジャンプの調整中で見ることができていませんがあの美しいトリプルアクセルは、伊藤みどり以降の女子では彼女しか跳べていないジャンプだと言えるでしょう。
 今シーズンからシニアに参戦して今勢いのある村上佳菜子が自分のジャンプを振り返って「みどりさんに比べればまだまだと思います」と口にするほどの存在・伊藤みどり。どの選手が彼女のジャンプを越えてゆくのか。そんなことに注目しながらフィギュア観戦してみるのも面白いと思います。



(解説:杉田 秀男)

ページトップ

この記事へのリンク | コメント (5)

コメント一覧

跳びあがってから回転し、回転し終わってから余裕を持って着氷する伊藤みどりの3Aの後継者が浅田真央?
跳びあがる前から回転しだして着氷後も回転が終わってないのを器用にごまかしているのに?
ルッツもフリップも左足ではなく右足のトウかエッジを寝かせて踏み切ることで回転をごまかし、サルコウはあれがサルコウ?というほどお手本とは程遠いジャンプ。キムヨナや荒川静香の踏切に文句を言う人はどうして浅田真央のジャンプには疑問を呈さないんでしょう?不思議ですね。

投稿者 後継者? : 2011年4月 4日 23:04

フィギュアスケートマニア怖い。

投稿者 きのこ : 2011年2月22日 16:24

セカンド3Tはキム選手より村上選手やレピスト選手の方が高いですね。加点だけはキム選手がいつも上ですが、五輪でも解説の方が回転不足を指摘されたようにここ数年、キム選手のセカンドは精度がかなり悪くなっているように思います。3連続も最後が止まりそうなほど低いのが見てわかります。連続ジャンプやトウ系ジャンプは日本女王の美姫さんが目の醒めるような高いジャンプを跳んでいます。

みどり選手は日本人だけじゃなく外国の方にとっても特別な選手です。私はまったく別の競技を見ているのでしょうか??ここ数年の競技採点も解説も、キツネにつままれたような感覚になるのが正直な気持ちです。

投稿者 TY : 2011年2月10日 22:58

> なかでも伊藤みどりの流れを汲んでいるのは、キム・ヨナと言えるでしょう。2連続では2本目のジャンプの方が高く、3連続してもその回転や軸にブレがなくパワーやスピードも保たれています。軽やかに連続して跳ぶ姿は、かつての伊藤みどりに匹敵してます。

キム選手の2本目のジャンプは90度以上回転不足ですよ。
1本目のジャンプも回転不足ですけれど・・・。
みどりさんのジャンプとは全然違いますね。
みどりさんのジャンプを彷彿させる選手は、男子のミハル・ブレジナ選手くらいしかいません。

投稿者 次郎 : 2011年2月 2日 20:43

荒川さんは本人自身もリップと認めていました。
その上で当時スルツカやコーエンがフルッツだったため、リップはフルッツより厳しく見られる傾向と漏らしていました。

荒川さんはどちらかというと幅跳び型で流れは良かったですが高さはそれ程無いです。

また、e判定に非公式でISUの偉い方に異議申し立てをしてから、キムヨナさんだけは見逃しされてきましたね?他の3-3を飛ぶ選手は過剰に厳しく取られ、萎縮して飛べなくなりましたね?回転不足もエッジエラーも取られない選手がのびのび飛べるのは同然ではないでしょうか?

スキーにしてもそうですが、自国不利なジャッジングをされたり規定変更をされても日本の連盟って動きませんよね…。せっかく能力を持った選手が出てきたというのに管轄組織が弱腰で、正当に評価されずに全て選手の努力に丸投げされているのは見ていて気の毒です。

投稿者 山都 : 2011年1月19日 22:15

コメント投稿

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
PAGE UP

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2010 J SPORTS Broadcasting Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.