ジェイプロジェクト

ジェイプロジェクト

名古屋市/東海第5代表

TEAM INFORMATION

ジェイプロジェクト

大企業系のチームのような自前の練習場を持たず、チームはコロナ禍の影響で6月末まで3ヵ月に渡って野球ができない状況に追い込まれた。そのような中で各自の努力に寄ってコンディションを保ち、9月に開幕した東海2次予選を勝ち上がっている。

4勝はすべて逆転勝ちで、そのうちサヨナラ勝ちが3試合、延長戦で勝ち越す展開が1試合。また、第1代表トーナメントの準決勝、第2代表決定戦、第4代表決定戦で敗れたものの、第5代表決定戦で踏みとどまった不屈のチームだ。

エースの白崎塁は兄・勇気さんが元JR東日本の投手で、いとこに白崎浩之(元オリックス)、サッカー選手・荒野拓馬(コンサドーレ札幌)がいるアスリート一家の出身。予選7試合中5試合に登板し、第5代表決定戦でも完投勝利を挙げている。さらに予選では静岡高校から入社して2年目の右腕・古屋悠翔が台頭し、4試合に登板。防御率1.84と好投した。

打線は打率4割台を記録した田中鳳真、2本塁打を記録した林田竜郎らが今回の予選で目立った。代打で登場する吉冨大輝は135キロの巨漢で、ウェイティングサークルに入るだけでどよめきが起こる人気者だ。

加えて補強選手として三菱重工名古屋から右サイドの西納敦史、本格派左腕・入倉京一郎が加わったことも心強い。三菱重工名古屋は今シーズン限りで事実上の廃部が決まっており、今大会はしっかり最後の勇姿を見せたい。

TEXT:大島和人

出場:8年ぶり2回目

都市対抗 過去5年間の成績

2019年
予選敗退
2018年
予選敗退
2017年
予選敗退
2016年
予選敗退
2015年
予選敗退

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります