Honda鈴鹿

Honda鈴鹿

鈴鹿市/東海第2代表

TEAM INFORMATION

Honda鈴鹿

今年は瀧中瞭太、柘植世那のバッテリーがプロ入りしたものの、底上げがそれを上回ったように見える。

東海2次予選では至学館大学から入社して1年目の右スリークォーター井村勇介が、3試合に先発して23イニングで防御率1.57と好投。ジェイプロジェクトとの第2代表決定戦は、1失点完投勝利も挙げている。少し変則的なフォームから投げ込む速球は140キロ台前後だが、内野ゴロを誘う独特の「打ち難さ」がある。

大卒新人でもうひとり鮮烈な投球を見せたのが、天理大学から入社した八木玲於。177センチ・85キロの右上手投げで、速球は150キロ超がアベレージの本格派だ。彼も3試合を無失点に封じており、東京ドームでもクローザーとしての役割を果たすだろう。

他にもドラフト候補として名の挙がった高卒3年目の本格派右腕・松本竜也、2番手の先発を任された左腕・森田駿哉など、有力な投手が揃っている。

打線は國學院大出身の新人・貞光広登が3番・ショートで起用され、東海2次予選は3割台の打率を記録。松本桃太郎、畔上翔といった主力は、予選でやや精彩を欠いたが、人材自体は豊富だ。

また、西濃運輸からエース堀田晃ら3選手を補強しており、彼らも大きな戦力となるだろう。丸井健太郎監督を支えるコーチ陣には今久留主成幸氏、岡本克道氏、武藤孝司氏と元プロ3人が揃っており、こちらも強力だ。

TEXT:大島和人

出場:5年連続25回目(優勝1回)

都市対抗 過去5年間の成績

2019年
2回戦敗退
2018年
1回戦敗退
2017年
2回戦敗退
2016年
ベスト8
2015年
予選敗退

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります