トヨタ自動車

トヨタ自動車

豊田市/東海第1代表

TEAM INFORMATION

トヨタ自動車

2次予選の第1代表決定トーナメントは、準決勝ジェイプロジェクト戦を除くと危なさのない快勝で、すっきり4連勝で勝ち上がっている。

右腕・栗林良吏が1回戦・東邦ガス戦、第1代表決定戦と大一番の先発を任された。1回戦は7回を零封し、決定戦も1失点で完投。非の打ち所がない内容で、エースの役割を果たした。

10月のプロ野球ドラフト会議では広島の1位指名も受けており、社会人球界のエースと言える存在でもある。177センチとそこまで大柄ではないが、社会人の2年間で身体が逞しくなり、制球やフォームも安定。150キロ超を記録する速球とフォーク、カットボールはいずれも一級品だ。

投手陣は星槎道都大学から加わった新人右腕・渕上佳輝、大卒3年目の大型右腕、嘉陽宗一郎などの人材もおり、さらに37歳の大ベテラン佐竹功年が控えている。王子から補強された近藤均も30歳のベテランで、2015年の都市対抗で2試合連続完封を記録した実力者だ。

打線は4番一塁手・沓掛祥和が昨年の社会人球界でベストナイン、最多本塁打、最多打点に輝いた右の強打者。東海2次予選も打率.474、2本塁打、8打点を記録している。前後を固めるサード樺澤健、ライト逢澤峻介も含めてかなり強力なクリーンアップだ。

ショートの和田佳大は中京大学から入社した新人で、大学時代には愛知学生野球連盟の連続試合安打記録も樹立したアベレージヒッターだ。167センチ・63キロの小兵で、2次予選は9番打者だったが、打率.429とラッキーボーイとなった。

TEXT:大島和人

出場:6年連続22回目(優勝1回)

都市対抗 過去5年間の成績

2019年
準優勝
2018年
2回戦敗退
2017年
2回戦敗退
2016年
優勝
2015年
ベスト8

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります