ENEOS

ENEOS

横浜市/西関東第1代表

TEAM INFORMATION

ENEOS

都市対抗史上最多の優勝11回を誇り、2012年と13年には連覇も記録している名門だ。東芝、三菱パワー(旧MHPS横浜)に阻まれ、気づくと西関東予選は4回連続敗退となっていた。

今年は元近鉄バファローズで、慶應義塾大学の指揮官を務めていた大久保秀昭監督が6年ぶりにチームへ復帰。東芝、三菱パワーを退けて第1代表の座を掴み取った。

藤井聖は大卒2年目の左腕で、楽天の3位指名を受けている。2次予選の東芝戦で先発し、6回3分の1を被安打2、無失点と好投した。最速150キロの本格派で、今大会の注目投手だ。東洋大学では上茶谷大河、甲斐野央、梅津晃大の影に隠れていたが、社会人ではその能力を見せつけている。

リリーフには柏原史陽、江口昌大、大場遼太郎ら本格派右腕が揃っていて、加えて三菱パワーの主戦格も加わった。

2次予選3試合で打率.538、9打点と驚異的な成績を残している3番打者が小豆澤誠。170センチと小柄な二塁手で、上武大学時代は「守備の人」というイメージもあったが、今は打でも貢献を見せている。

TEXT:大島和人

出場:5年ぶり50回目(優勝11回)

都市対抗 過去5年間の成績

2019年
予選敗退
2018年
予選敗退
2017年
予選敗退
2016年
予選敗退
2015年
2回戦敗退

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります