鷺宮製作所

鷺宮製作所

東京都/東京第4代表

TEAM INFORMATION

鷺宮製作所

過去2大会は東京第1代表だったが、今回の2次予選は3度の敗者復活を乗り越え、最後の1枠を掴んでいる。

第4代表決定戦は大卒2年目の右腕・平川裕太が7イニング、入社6年目の左腕・野口亮太が2イニングを投げる完封リレー。東京ドームでも彼らが鷺宮の「2枚看板」となるだろう。

平川は国際武道大学出身で、同期に伊藤将司(JR東日本)や青野善行(日立製作所)と好投手が揃っていた世代。チームは大学3年、4年と全日本大学野球選手権で準優勝に輝いている。平川は172センチとやや小柄だが、140キロ台後半の速球に威力があり、変化球とのコンビネーションで「三振を奪える」タイプだ。

加えて創価大時代にプロからも注目されていた本格派右腕・小孫竜二や、右サイドハンドの山下弘暉らも大卒新人も加わっていて、2人は今回の2次予選でも登板していた。

打線は国士舘大から加わった左打者・佐野快斗が予選で11打数5安打(4二塁打)と大活躍。先発から外れた試合もあったが、新人内野手が予選のラッキーボーイとなった。

TEXT:大島和人

出場:3年連続15回目

都市対抗 過去5年間の成績

2019年
3回戦敗退
2018年
ベスト8
2017年
予選敗退
2016年
予選敗退
2015年
予選敗退

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります