JR東日本

JR東日本

東京都/東京第1代表

TEAM INFORMATION

JR東日本

第1代表決定戦トーナメントはセガサミー、東京ガス、NTT東日本を退けて3連勝で突破している。大卒2年目の左腕・伊藤将司(阪神2位指名)、高卒4年目の右腕・西田洸汰のダブルエースを軸に勝ち上がった。

今回の東京2次予選は伊藤、西田と西居建陽の3投手しか登板していない。ただしJR東日本の投手陣は3投手以上のポテンシャルを持つ人材が他にもいる。本大会に向けては、東京ガスのエース臼井浩、左腕・高橋佑樹も補強された。

2017年の田嶋大樹(現オリックス)、18年の板東湧梧(現ソフトバンク)、19年の太田龍(現巨人)とプロに投手を送り出しつつ、JR東日本の投手陣はなお人材豊富だ。

打線は二塁手・杉崎成輝がこの予選で打率.444、3四死球を記録。粘って相手投手に「投げさせる」タイプの嫌らしいリードオフマンだ。4番・捕手の渡辺和哉も3試合で打率.444、2本塁打、5打点と好調だった。

やや左打者の多い構成だが、東京ガスから強打の右打者・地引雄貴を補強できたことも大きい。優勝候補の筆頭格に挙げられるチームだろう。

TEXT:大島和人

出場:11年連続23回目(優勝1回)

都市対抗 過去5年間の成績

2019年
3回戦敗退
2018年
ベスト4
2017年
ベスト8
2016年
1回戦敗退
2015年
1回戦敗退

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります