DJ ルメイユ

DJ ルメイユ

26

DJ ルメイユ

DJ LeMahieu

  • 所属

    ニューヨーク・ヤンキース

  • ポジション

    内野手

  • 生年月日

    1988年7月13日

  • 身長/体重

    193cm/100kg

  • 投打

    右投右打

  • 出身

    カリフォルニア州バイセイリア

  • プロ入り

    2009年ドラフト2巡目(全体79位)

  • 年俸

    1500万ドル(約16億3000万円)

  • 主なタイトル・表彰

    ・首位打者:2回(2016・20年)
    ・シルバースラッガー賞:2回(2019・20年)
    ・ゴールドグラブ賞:3回(2014・17・18年)

  • 2020年成績

    打率
    .364
    本塁打
    10
    打点
    27
    盗塁
    3

指揮官の信頼も厚い両リーグで首位打者を獲った安打製造機

「ザ・マシーン」の異名を誇る安打製造機にして、守備のスーパーユーティリティプレーヤー。打撃では得意とする逆方向へのコンタクトヒットで安打を量産し、守備では本業の二塁に加え、内野の全ポジションを高いレベルでこなす。

2009年、ドラフト2巡目でカブスに指名され契約すると、2011年にMLBデビューを果たす。2011年末にロッキーズへ移籍すると、2014年、2017年、そして2018年にゴールデングラブ賞を受賞し、2016年には打率.348でナショナル・リーグ首位打者のタイトルを獲得。

ロッキーズ時代のルメイユの打撃について、標高の高い本拠地クアーズフィールドの地の利が有利に働いているという向きもあったが、2019年に2年2400万ドルでヤンキースに移籍すると、ヤンキースタジアムでもその高い打撃技術を遺憾無く発揮。

入団初年度の打率を.327としてシルバースラッガー賞を受賞すると、昨季は打率.364でアメリカン・リーグの首位打者を獲得し、そのずば抜けた技術の高さを証明して見せた。ルメイユによる両リーグでの首位打者獲得は、エド・デラハンティに次ぐ史上2人目にして、1900年以降では初の快挙となった。

このシーズンオフに6年9000万ドルでヤンキースと再契約したルメイユは、「大事な場面で彼は常にやってくれる」とアーロン・ブーン監督からの信頼も厚い。ちなみに名前のDJはデビッド・ジョンの略である。

※データは2021年3月20日時点
※1ドル=108円で計算

注目選手一覧

ご視聴方法

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります