エスコバー

選手名鑑

エスコバー

エスコバー

EDWIN ESCOBAR

  • 生年月日

    1992年4月22日

  • 出身

    ベネズエラ

  • ポジション

    投手

  • 身長/体重

    188㎝/102㎏

  • 主な経歴

    レッドソックス他→日本ハム→DeNA

  • 血液型

     

  • 投・打

    左・左

外国人シーズン最多登板、左投手日本最速サウスポー

サウスポーの日本最速160キロを誇るタフガイ。無尽蔵のスタミナで2019年にリーグ最多の74試合に登板し、シーズン120試合となった昨季も56試合登板で3年連続50試合以上登板を記録した。

メジャー2年間で27試合に登板し、2017年に日本ハムに移籍。同年途中に助っ人選手では珍しい日本人選手(黒羽根利規)とのトレードで加入した。この年は両チームでそれぞれ1勝ずつ記録し、13年ぶりとなるNPB同一シーズンにセ・パ両リーグの公式戦で勝利した投手となった。

ベイスターズでは移籍直後に1試合先発したのみで、2018年からはワンポイントからロングリリーフまで、状況を問わない起用でブルペンに欠かせぬ存在となった。2019年は6連投が二度、5連投が一度と獅子奮迅の活躍で、球団の外国人シーズン最多登板を大きく更新した。

常時150キロ後半をマークするストレートで空振りを奪う投球で、高い奪三振率を誇る。160キロを2度計時した2019年は、奪三振率10.51をマークした。

実父はMLBのインディアンスでプレー経験があり、ラミレス前監督と同僚だったこともある。親類縁者からは15名以上のメジャーリーガーを輩出しており、昨季はNPBでヤクルトのA・エスコバーとの「いとこ対決」も実現した。今季はコロナ禍の影響で出遅れが予想されるが、タフネス左腕の存在はチームの順位を左右する。

TEXT by大久保泰伸

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください