E・エスコバー

E・エスコバー

62

E・エスコバー

E・エスコバー

  • ポジション

    投手

  • 生年月日

    1992年4月22日

  • 出身

    ベネズエラ

  • 身長/体重

    188cm/102kg

  • 主な経歴

    ディオセサノ・バルキシメト高校→レッドソックス他→北海道日本ハム

  • 投打

    左投左打

  • 推定年俸

    2億円

  • 2021年成績

    登板
    61
    投球回
    58回2/3
    勝敗
    4勝4敗
    ホールド/セーブ
    32/1
    奪三振
    50
    防御率
    3.38

4年連続50試合以上登板、最速163キロを誇るタフな鉄腕サウスポー

サウスポーの日本最速163キロを誇るタフガイ。無尽蔵のスタミナで2019年にリーグ最多の74試合に登板し、コロナ禍の影響で来日が4月に遅れた昨季もチームトップの61試合に登板して、4年連続50試合以上登板を記録した。

メジャー2年間で27試合に登板し、2017年に北海道日本ハムに移籍。同年途中に黒羽根利規とのトレードで加入した。この年は両チームでそれぞれ1勝ずつ記録し、13年ぶりとなるNPB同一シーズンにセ・パ両リーグの公式戦で勝利した投手となった。

ベイスターズでは移籍直後に1試合先発したのみで、2018年からはワンポイントからロングリリーフまで、状況を問わない起用でブルペンに欠かせぬ存在となった。2019年は6連投が2度、5連投が1度と獅子奮迅の活躍で、球団の外国人シーズン最多登板を大きく更新した。

勤続疲労を感じさせないタフネスぶりで、試合後のお立ち台での「男は黙って投げるだけ」は定番になった。日本文化への適応も著しく、オフには球団公式ツイッターに流暢な日本語で今季への意気込みを話す姿がアップされた。

延長12回制が復活する見込みの今季は連投が利き、ロングリリーフも可能な左腕は大きな存在となる。本人は「球速は意識していない」というが、日本最速の更新も期待したいところだ。

TEXT by 大久保泰伸
※データは2022年2月28日時点
協力:ベースボール・タイムズ

一覧ページへ戻る

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください