1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. メジャーリーグベースボール
  3. サッカー
  4. ラグビー
  5. サイクルロードレース
  6. モータースポーツ
  7. 柔道・格闘技
  8. バスケットボール
  9. スキー
  10. フィギュアスケート
  11. 卓球
  12. バドミントン
  13. その他

WWEユニバース倶楽部

コントグループとして、トップを走る東京03。独特の間合いから繰り出すユニークなボケ、時には女性役も演じる豊本明長さんは、格闘技専門チャンネルのニュース番組司会としても活躍中。また、WWEユニバースとして知られている。彼が子供の頃、初めてつけたテレビに映っていたのはリック・フレアーの流血シーン。以来、プロレスにはまり、初来日したカクタス・ジャックに憧れ、WWEは怪奇派のスーパースターが大好きというコント同様ユニークな感性とともに、独特の視線でWWEの魅力を語る!


WWE用語解説
青文字にカーソルを持っていくと、WWE用語の解説が表示されます。

WWEを好きになったきっかけは?

豊本明長

僕が初めてテレビをつけた時、画面に流れていたのが、金髪のプロレスラーが流血していたシーンだったんです。小学校2年生の時で、あとでわかったんですけど、それがリック・フレアーだったんですね。あの時、まがまがしいものというか、スポーツなのに血を流しても試合を止めないで続けちゃうむちゃくちゃ感を感じて。それがスポーツ・エンターテイメントを好きになったきっかけです。WWEに最初に触れたのは1990年の日米レスリング・サミットです。あの時はまだ愛知にいたので、実際に会場に行ったわけではないんですが、インパクトは大きかったですね。日本に来る外国人レスラーは、全日本であれ新日本であれ基本的に大好きだったんですけど、純粋な外国人だけの団体というのは、当時それほど興味がなかったんです。あれだけ大挙してスーパースターが来日したことにびっくりしたんです。ホーガンやデビアスは日本にも来ていたのでよく知っていましたが、WWEにはいろんなタイプの選手がいることがわかってから、週刊プロレスの記事もよく読むようになったんです。WWEに興味を持つようになってしばらくしてから、J SPORTSの放送が始まって、その頃はちょうどアティテュード時代ですよね。試合はスーパースターがみんな高い所から落ちるっていう…(笑)。

好きなWWEスーパースターは?

豊本明長

僕は昔からミック・フォーリーが大好きなんですよ。ミック・フォーリー、マンカインド、カクタス・ジャックですね。好きなったのは、全日本プロレスの91年チャンピオンカーニバルにカクタス・ジャックとして参戦した時からです。当時はまだ無名だったカクタス・ジャックは当然黒星配給係だと思ってたんです。それがジャンボ鶴田とシングルで対戦した時、ジャンボ鶴田が場外のマットのないところでカクタス・ジャックにフィニッシャーのバックドロップを決めたんです。“あんなところでバックドロップをやったら外国人死んじゃうだろう!”ってこっちは思ったわけです。その後記事で、「あいつは受け身がうまいからやってみたんだよ」と言うジャンボ鶴田のコメントを読んだんです。その時、カクタス・ジャックは、全然知名度がなくても技術をちゃんと持ったレスラーなんだってことを知ったんです。その後、カクタス・ジャックはIWAジャパンというインディー団体のリングに上がったわけですが、今度は日本のリングに画鋲を持ち込むという偉業をやったわけです。とんでもない黒船の来襲ですよ。画鋲の上で受け身を取れるのも、場外で受け身を取れるからできるんだろうと、こっちは感心していました。そんなカクタス・ジャックがWWEのリングに上がるようになったわけです。しかも、ヘル・イン・ア・セルでは、リングの上にある金網の上に昇って、あそこから落ちるわけじゃないですか。ずっと昔から見続けた人間としては、日本のリングで目を付けたカクタス・ジャックが、やがてミック・フォーリーとしてWWEで頂点に登っていく様を見られたことは、本当に至福でした。

WWE用語解説
変なカウンセリング

変なカウンセリング

ヴィッキー・ゲレロ

ヴィッキー・ゲレロ

注目のWWEスーパースターは?

豊本明長

僕は怪奇派というようなタイプのスーパースターが好きで、今だとケインも怪奇派ですけど、最近のケインは…。昔のケインは大好きでしたけど、今のケインは大嫌いです! いい試合をしてるんですよ、本当に。ただ、マスクが嫌なんです(笑)。顔を覆う布の部分が少なくなって、表情がわかるじゃないですか。それに、今は変なカウンセリングを受けたりしてるんですよ(笑)。ストーリーとしてはおもしろいんですけど、あのスキットはケインじゃなくても成立するかもしれない。WWEは怪奇派がいないから、ケインにはそこを担って欲しいんですよ。だいたい、WWEはマスクマンの布がどんどん少なくなってるじゃないですか。ミステリオもそうです。表情が見えちゃうんですよ。そうなると感情移入できなくなるんです。アンダーテイカーもレッスルマニアの試合は素晴らしかったんですよ! でもあんな短髪でスポーティにされちゃうと…。僕にとってはアメリカンバッドアス時代なんてもっての他です。そういう中でヴィッキー・ゲレロは大好きです。あの人は素晴らしい! ヴィッキーはもっと評価されるべき人材ですよ。WWEは歴史が繰り返されるじゃないですけど、例えばミック・フォーリーのMr.ソッコは、今のサンティーノのコブラじゃないですか。それと同じで、もともとWWEのディーバにはシェリー・マーテルという恋多き女がいて、みんなが憎みやすい女子マネージャーの枠がWWEにありました。ずっと空席だったその枠を、今ヴィッキーがすんなりやってくれている。結構、重要な位置じゃないですか。どんどん垢抜けていくるし、熟女ファンのニーズも満たしてるんだと思います(笑)。見た目的にどうかと思うんですけど、段々見ていくうちに、もしかしたらかわいいのかな?なんて思うようになってくるんです。水着にもなったり、エディがいなくなってから第二の人生を謳歌しちゃって、その辺もまたWWEユニバースからしたら憎みやすい。登場人物としては素晴らしいですよ。

WWEに期待するのは怪奇派スーパースター枠

豊本明長

日本のプロレスを見ていた頃、ちょうどタイガーマスクが出てきてみんな大ファンになりましたが、僕はまがまがしいものが好きなので、1人だけザ・グレートカブキ が好きでした。顔にペイントしたり、マスクを被ったり、仮装をしたりするような怪奇派のスーパースターが今でも好きなんです。WWEだとマンカインドだったり、アンダーテイカーだったり、その後だと、ブギーマンとかスタンカ、あの辺になっていくんです。日本のプロレスだと、あそこまで振り切れるキャラクターはなかなか成立しないですから。最近のWWEは、似たキャラクターのスーパースターが多くなって、怪奇派がいないのが少しさびしいんですね。WWEにはいろんなキャラクターがいるから楽しいんです。ファンタジックなスーパースターがいて、そんな中で闘いの要素としてヒールがいて、それをより際立たせるために怖い感じとかまがまがしい悪がいるんです。番組そのものがアメリカンコミックをめくっていくような感じで、僕はそういうところが好きなんですね。だからWWEの来日公演も、100%のアメリカそのままの純度で最高のエンターテイメントを見たいですね。来日公演に行くと、日本人は真剣に見すぎているから、来日公演でスーパースターの方もレスリングの攻防とか、技術的なものを見せようとするんですけど、正直、そんなものはいらないんです。J SPORTSでアメリカの客席を映すシーンがよく出てきますけど、観客はブーイングしたり、NO! NO! NO!とか、騒ぐ理由としてあの場所に集まってるんです。その中で物語がちょっとずつ進んでいく。そこには、試合だけじやなくて、音楽だったり演出だったりいろいろなエンターテイメントがある。それをこっち側も、ポップコーンを食べながら、コーラを飲みながら、ノリで見る。そんな風な楽しみ方がWWEにはぴったりです。

プロフィール

豊本明長 とよもとあきなが

1975年6月6日生まれ
飯塚悟志、角田晃広とともに東京03のメンバーとして活躍中。コント内では女装をしたり、キャラ役も担う。プロレス好きとしても知られ、サムライTV「速報!!バトル☆メン」に出演中。 また、JAPAN FM NETWORK「スクールナイン」月曜日は(毎週月曜日21:00〜)、東京03がレギュラーパーソナリティを務める。
http://www2.jfn.co.jp/nine/

豊本明長ツイッターはこちら
https://twitter.com/toyo03
http://www.p-jinriki.com/pc/talent/tokyo03/

豊本明長のメッセージ動画を見る

豊本明長のおすすめをチェック!

★ 豊本明長おすすめPPV

ヘル・イン・ア・セル

鋼鉄のリングが降りてくるだけで、わくわくしますね!

ヘル・イン・ア・セル<

»PPV放送スケジュールを見る

★ 豊本明長おすすめDVD

WWE ミック・フォーリー グレイテスト・ヒッツ ハードコア・エディション

WWE ミック・フォーリー グレイテスト・ヒッツ ハードコア・エディション

カクタス・ジャック時代からのファンです!

»オンラインショップで見る



本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2016 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.