1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. メジャーリーグベースボール
  3. サッカー
  4. ラグビー
  5. サイクルロードレース
  6. モータースポーツ
  7. 柔道・格闘技
  8. バスケットボール
  9. スキー
  10. フィギュアスケート
  11. 卓球
  12. バドミントン
  13. その他

WWEユニバース倶楽部

日本のみならず世界のサッカー選手にも影響を与えている「キャプテン翼」。その漫画家の高橋陽一先生は、実はWWEユニバースの一員。いまや世界的な巨匠である先生が、マンガ的WWEの魅力を語ってくれた!


WWE用語解説
青文字にカーソルを持っていくと、WWE用語の解説が表示されます。

WWEを好きになったきっかけ

高橋陽一

WWEにハマるきっかけはストーンコールドですね。僕はスポーツが大好きで、日本のプロレスをずっと見ていましたが、日本だとリングがメインなのに、J SPORTSで見たWWE(当時はWWF)はそれとはまったく違ってましたね。見始めたのはストーンコールドが全盛期だった頃で、ビンスが入院しているところにストーンコールドが押しかけたり、バキュームカーのエピソードとか、本当におもしろかったですね。ストーリーとしてドラマチックでしたし、エンターテイメントとしてとても少年マンガっぽかったんですね。WWEに出てくるスーパースターたちは、みんなキャラクターがすごくしっかりしているし、毎回マンガのように起承転結があって、その次に期待させる展開もある。WWEを観ること自体がそのまま少年マンガを読んでいるような感じでした。


好きなWWEスーパースターは?

高橋陽一

いちばん好きなのはストーンコールドですね。ヒールでありながら正義の味方というのが新鮮なキャラクターでした。最近の選手では、ランディ・オートンあたりが気に入っています。フィッニッシュブローの名前もRKOとかイカしてます。ジョン・シナは、WWEを象徴する絶対的な存在であって欲しいと思っています。今年のWWEの日本公演も行きましたが、生で見るとテレビで観るのとは印象が違いましたね。例えばプリモとエピコは、テレビで見るとまだまだ存在感が薄い感じでしたが、実際にはすごくしっかりと試合ができるし、サンティーノ・マレラもそうですね。メインのスーパースターだけでなく、サイドストーリーの中にいるスーパースターも役者が揃っています。今後の展開として期待して見ているのは、ブロック・レスナーのストーリーがどうなるかですね。僕としては、アンダーテイカーと闘ったらおもしろいんじゃないかと思っています。

WWE用語解説
プリモ

プリモ

エピコ

エピコ

ランディ・オートン

ランディ・オートン

マンガ家から見たWWEとは?

高橋陽一

とにかくWWEを見ていると、闘いも含めてスカーッとする。そういう点は、WWEはとても少年ジャンプっぽいんですね。ストーリー展開もそうですが、キャラクターのあり方もおもしろいですし、ライバルに対する口の利き方や態度もすごく参考になりますね。こういう言葉を言って相手を挑発するのかということも見てますね(笑)。ケイジマッチとかラダーマッチとか、デスマッチ系もマンガの舞台としてはとてもおもしろいですから。実際に日本でもケイジマッチとか観てみたいですね。WWEを舞台にするマンガを書いたとしたら、おもしろそうですけど、スーパースターのキャラクターがかなり作り込まれていますから、逆に難しいところもありますね。もし、WWEを舞台にするとしたら、登場キャラクターはやはり日本人選手です。ヘビー級寄りだけど、ちょっと小さいぐらいで動ける選手。そういう日本人選手がWWEスーパースターになって、あの舞台に出て闘っていくようなイメージです。

日本のWWEユニバースへ

高橋陽一

WWEは毎週放送されていて、前の週に次への布石があったり。日本だったら前座試合があって、どんどんメインに進んでいくという流れですけど、WWEは番組のオープニングでいきなりメインの話からバーンと始まったりしますよ。その構成自体が少年マンガ的なんですね。WWEは番組を通して、たくさんのキャラクターが出てくる中で、正統派もいれば、悪役もいたり、中にはコミカルなスーパースターもいたり。メインストーリー以外にも、サブストーリーの展開もあるから、まるで少年マンガの中で、いろんなマンガを読んでいるようなエンターテイメント性があります。毎回やっていることは同じなのかもしれないけれど、次々と新しい強敵が出てきて闘ったり、それをいろんなアイディアで盛り上げていく。もし、WWEのことを知らなくても、キャラクターもストーリーもとてもわかりやすいから、どこから観ても入っていける。それは少年マンガの持つ魅力と同じなんです。

プロフィール

高橋陽一 たかはしよういち

1980年少年ジャンプのデビュー作「キャプテン翼」で日本に一大サッカー・ブームを巻き起こす。アニメ化された「キャプテン翼」は、その後に世界中で放送され、世界の選手たちにも大きな影響を与えた。サッカーはもちろん、野球、格闘技など大のスポーツ好きとして知られている。

高橋陽一のメッセージ動画を見る

高橋陽一のおすすめをチェック!

★ 高橋陽一おすすめPPV

ナイト・オブ・チャンピオンズ2012

どこから見てもチャンピオンベルトを懸けた熱い闘い

ナイト・オブ・チャンピオンズ2012

»PPV放送スケジュールを見る

★ 高橋陽一おすすめDVD

WWE ストーンコールド・スティーブ・オースチン

WWE ストーンコールド・スティーブ・オースチン

ストーンコールドの魅力を余すことなく詰め込んだ4枚組DVD

»オンラインショップで見る



本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2016 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.