1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

田村岳斗 -華麗なる舞-


November 29, 2016 11:30 PM /

NHK杯が終わりました。

NHK杯が終わりました。
宮原知子は連覇を目指していましたが、
世界で勝つのはそう甘くはないと、改めて感じました。
このレベルの戦いになると、
順位を上げるどころかキープするだけでもそう簡単ではありません。
今シーズン出場したグランプリシリーズ2戦とも、
本人は納得した滑りができていないとは思いますが、
そういう中でもGPファイナルへの出場権をつかんだことは、
宮原のベースとなる底力が付いてきたということだと思っています。
悪い時でも最低限このレベルでしっかりと成績を残せるという点で、
少しずつでも成長を続けていることがわかります。
シーズンを通じて見れば、必ずしも調子のいい時ばかりではありません。
調子の悪い時でも、なんとか耐えれば、次に必ずつながっていきます。
我慢比べだったら負ける気はしません。
これからジュニアGPファイナル、GPファイナル、全日本と大きな大会が続いていきますが、
宮原を含めた出場する選手たちが、いい成績を出せるよう、サポートしていきます。

NHK杯男子は、羽生選手が300点超えで優勝しました。
そして、田中刑事選手も表彰台に上りました。
羽生選手の優勝は、彼の力なら当然のように思えるかもしれませんが、
ケガがあったにも関わらず、これだけのスコアを出して、
ファイナルに残るというのは本当に大変なことです。並の選手であれば、
1試合でも大きな失敗をしてしまったらそこには入れません。
地元での連覇、GPファイナルの出場がかかる難しい状況でも、
簡単そうに見えてしまうのが彼のすごさです。

そしてもう1人、田中刑事選手。
今回、試合を終えた宮原と、
男子フリーを会場で見ることができたのですが、
前半の選手のできを見て、
「田中選手には表彰台のチャンス」と、話していました。
技術は持っていますので、あとはそのチャンスを活かせるかでした。
田中選手は、そのチャンスをしっかりとものにしました。
今、日本の男子は、羽生選手、宇野選手がリードしていますが、
世界選手権や四大陸出場を考えると、
3つ目の代表争いはとても厳しい状況になっています。
その点で、今回、田中選手が表彰台に乗ったことは、
本人の自信につながるだけでなく、周囲の評価も高くなっていくでしょう。
2人とも素晴らしい滑りを見せてくれました。

hako.jpg

捨てられたわけではありません。ちょっとハコが気になっただけです。

※選手に掲載許可は得ています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS 2週間お試し無料体験!

プロフィール

プロフィール写真【田村岳斗】
1979年5月28日生まれ。プロスケーター&コーチとして活躍する男子フィギュアスケーターの第一人者。高校3年時(1998年)に長野五輪出場。全日本選手権優勝2度の実績を持つ。現在は、関西を拠点に、未来のメダリスト育成に務める。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
select month...


視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.