1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ラグビー愛好日記


July 30, 2017 12:25 AM /

クボタ&近鉄・天理駅前トークイベント

20170729-2.jpg

7月29日(土曜)の午後、天理駅前広場コフフンにて、ラグビー普及&ラグビートークイベントがあった。この日は朝から、クボタスピアーズの天理高校、天理大学出身者を軸に子供達を集めてのラグビー教室があり、午後は駅前広場で一般のファンの皆さんがラインアウトの体験をするなど普及イベントがあった。そして、午後4時半からは、僕が進行役を務め、天理市の並河健市長と対談。2019年ラグビーワールドカップの公認キャンプ地に立候補した想いや、ラグビーの魅力、今年になって完成した「コフフン」の活用法など伺った。コフフンは、今年になって出来上がったユニークな施設で、世界的なデザイナー佐藤オオキさんのデザインによるもの。

20170729-3.jpg

古墳のような白い建造物が点在。「ステージコフン」、「すりばちコフン」、「ふわふわコフン」などがあり、ふわふわコフンは、真ん中がトランポリンのようになっていて、子供達が楽しそうに飛び跳ねていた。並河市長によると、「ここでラグビーのパブリックビューイングなど行います。市民が同じ思いで集える場所が作りたかったのです」とのこと。2019年のラグビーワールドカップでも盛り上がりそう。
http://cofufun.com/

20170729-1.jpg

そして、午後4時45分からは、クボタスピアーズの3選手(立川直道、立川理道、井上大介)と、近鉄ライナーズの2選手(島直良、山口知貴)の5名でのトークライブとなった。まずは、この日、28歳の誕生日を迎えた島選手をお客さんと一緒にお祝い。実は理道選手、井上選手、島選手は、天理市にある「やまのべラグビー教室」からの同期。一学年上の直道選手、昨年の天理大学ラグビー部キャプテン山口選手とともに、子供の頃の思い出から、各チームの今季の注目選手まで、多岐にわたってトークを繰り広げた。

なぜ近鉄に入ったかという話では、島・山口両選手とも「僕はずっと近鉄電車で天理駅まで通っていまして、それで近鉄に」と近鉄電車押しトークを展開。で、本当の理由は?「はい。近鉄からしか声がかからなかったんです(笑)」。山口選手の職場は、なんと東花園駅。「アナウンスもしていますよ」とノリよく話してくれたのでお願いすると、毎朝、通勤ラッシュ時にするマイクパフォーマンス。最後に「駆け込み乗車は、ご遠慮ください」で締めると拍手喝采。大いに盛り上がった。

主に近鉄の2人が担当した爆笑トークの中でも、みんなの「キャプテン」である直道選手が、ラグビーの価値や、天理がラグビーワールドカップのキャンプ地になった場合の影響などについて理路整然と話してくれた。そして、井上大介選手は、こだわりのパスを実演。パスの受け手の直前でボールが、すっと立って、獲りやすくなるパスにお客さんも感心しきり。立川理道選手のパスを俊足WTBの島選手が走りながらキャッチするシーンも。「もうちょっと距離があったら、僕の快足を見せられたんですけどねぇ」(島選手)。好きな女性タレントや、最近ハマっていることなど、ラグビーとは離れた話題も入れ込みつつ、最後は「あなたにとって、ラグビーとは?」。直道選手は「自分を成長させてくれるもの」と話したほか、みんな「自分の人生のすべて」という言い方をしていたが、島選手の「ラグビー、イコール、人生」の連呼が、僕としては面白くて何度も言わせてしまった。島選手、申し訳ない!

なぜ、クボタスピアーズには天理大学出身者が多いのか?と問いかけると、理道選手が「伊藤有司さんが入っていたからです」と先輩を紹介。トークを見守っていた伊藤選手が得意の大声で何度も挨拶したのも面白かった。この他、クボタからは白井竜馬選手、谷口和洋選手も参加。最後は全員でまもなく開幕するトップリーグでの健闘を誓った。

クボタスピアーズと近鉄ライナーズは、10月7日、古墳のあるラグビー場、天理市の親里ラグビー場で行われる。夏合宿では近鉄が勝ったのだが、「クボタは実力の1割くらいしか出していないので、次は余裕です」と井上選手が言えば、島選手が「近鉄も、僕と山口が出ていませんでしたから、1割くらいの力です。おんなじようなもんです」と返して、早くも舌戦を繰り広げた。面白い試合になりそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.