1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ラグビー愛好日記


July 16, 2017 12:13 PM /

女子日本代表も、香港で快勝

7月15日、香港で開催された「女子アジアラグビーチャンピオンシップ2017」第2戦(最終戦)女子日本代表(サクラフィフティーン)対女子香港代表は、CTB黒木理帆、FB田坂藍らのトライで女子日本代表が第1戦に続いて快勝した。

サクラフィフティーンは、8月、アイルランドで行われる女子ラグビーワールドカップに向けてチームの仕上げ段階に入っている。選手選考も最終段階。世界の大舞台でベスト8入りを狙う。初戦は、8月10日、日本時間深夜、対女子フランス代表。

■試合結果
女子日本代表 60-19 女子香港代表
(前半31-7,後半29-12)

有水剛志ヘッドコーチ
「女子ラグビーワールドカップ(WRWC2017)前の最後の試合ということでセレクションを兼ねて臨んだが、WRWC2017 本番で通用するプレーをした選手もいたが、通用しないだろうというプレーもいくつも見られた。今日の試合がチームとしてどうこうというよりも、個々の選手がどういうパフォーマンスをしたかというところにフォーカスし、改めて試合のレビューを行いたい」

齊藤聖奈キャプテン
「初戦から1週間後の試合だったが、自分たちの課題であったブレイクダウンを修正しきれないまま試合に入ってしまい、ルーズボールも多く、これではWRWC2017 のベスト8 には入れないと思った。もう一度自分たちに矢印を向けて基本に立ち返り、これから行う直前合宿で課題をしっかりクリアにし、ベスト8 を狙えるチーム作りをしたい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.