1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ラグビー愛好日記


July 9, 2017 3:12 PM /

ライオンズの死闘とサンウルブズ結果

7月8日、ニュージーランドのオークランドで行われた、ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとオールブラックスの第3戦は、死闘の末、15-15の引き分け。3戦して1勝1敗1分けでシリーズを終えた。試合前のハカの気迫からして、オールブラックスが勝つのかと思ったが、ライオンズは一戦ごとに力を上げているように見えた。

このチームであと2年間過ごしたら、2019年のラグビーワールドカップで優勝できそうだが、チームは解散。再び結成されるのは、4年後の2021年、この待ち時間があるからこそ、ライオンズの魅力は倍増する。ニュージーランドツアーは12年後だ。そのとき、今回のメンバーで残っているのは誰なのか。そのときは、現地で見られたら、いいなぁ。

その日の深夜、日本時間9日、2:30、南アフリカ共和国のケープタウンで、サンウルブズはストーマーズと対戦。15-52で敗れた。サンウルブズは前節の大敗から見違えるような動きを見せた。序盤から前に出る激しいタックルを連発し、スクラムでは、山本幸輝、日野剛志、浅原拓真のFW第一列が一枚岩になって対抗。前半を10-19と、9点差で折り返す健闘だった。しかし、後半はキックを追いかけるチェイスラインの乱れをストーマーズFBディリン・レイズに突破され、俊足バックスリーに走り回られて失点を重ねた。サンウルブズも、切れ味あるランを披露した松島幸太朗らが何度もディフェンスを突破してチャンスを作ったが、決定力不足もあり、スコアは伸びなかった。

今季、残る試合は7月15日、秩父宮ラグビー場でのブルーズ戦のみ。現状でのベストメンバーを組み、応援を続けるファンの皆さんを感動させるような試合を見せてもらいたい。

◎ヴィリー・ブリッツゲームキャプテン
先週も今週も、とてもレベルの高い試合でした。ストーマーズはボール争奪の場面でも強かったですし、驚くべきランナーが揃うバックスリーにボールを回そうという意図も見られました。非常にエキサイティングなラグビーを披露しました。自分たちのパフォーマンスも良くなってきましたが、ディフェンスは完璧ではありませんでした。ミスタックルで相手にチャンスを与えるような場面もあり、課題は残ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.