1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ラグビー愛好日記


May 13, 2017 8:48 PM /

日本代表、アウェイの香港代表戦結果

アジアラグビーチャンピオンシップ(ARC)2017に参加している日本代表は、5月13日、香港フットボールクラブのグラウンドで香港代表と対戦し、16-0で勝ち、4戦全勝で優勝を決めた。スーパーラグビーも並行して行われているため、ARCに参加する日本代表は若い選手が主体。今年は、力をつけてきた韓国、香港相手に苦しい戦いが続いているが、この日も、香港代表に大苦戦。ホームの声援を背に攻守に激しく前に出てくる相手に差し込まれるシーンも多く、前半は、SO山沢拓也のPGのみの、3-0。

後半開始早々に山沢のPGで6-0とし、5分には、CTB中村亮土の防御背後へのキックをCTB鹿尾貫太が拾って、WTBアマナキ・ロトアヘアにつなぎ、そのままトライ。スクラムからのサインプレーが決まって、13-0とした。このまま突き放すかと思われたが、ここからスコアは伸びず、PGを追加したのみでの勝利となった。

ディフェンスは機能しているところが多かったが、雨のコンディションもあって攻撃面ではミスが多く、ボール争奪戦で激しくプレッシャーをかけてくる香港に対して、テンポの良いボール出しもできなかった。日本代表の戦略を遂行することを意識しすぎて、アグレッシブにプレーできていないようにも見えた。

■ジェイミー・ジョセフヘッドコーチ
「選手のことを誇りに思う。最初の40分間は相手に多くのプレッシャーをかけられ、それが(前半終了時の)3-0というスコアに現れていたと思う。しかしそのプレッシャーを乗り越え、相手を0点に抑えることができた。ディフェンスは素晴らしかった。6月はまた異なる対戦相手だが、この暑さの中、タフでフィジカルな相手と対戦するという経験を積めたことは良かった」

■流大キャプテン
「『アジアラグビーチャンピオンシップ2017』は厳しい試合が多かったが、若手を中心に成長することができ、優勝することができて良かった。本日の試合は、アウェイで非常に厳しい環境の中、難しい戦いとなったが、香港代表を完封することができた。ライバルは多いが、自分のスキルを更に磨き、6月の代表戦でも選ばれるようにしっかりと自分の仕事を果たしたい。チームの調子が上がらない時に、チームが良くなるよう雰囲気を変えることがハーフの役目だと思うので、それができるハーフになれるように頑張りたい」

■試合結果
香港代表●0-16○日本代表(前半0-3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.