1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ラグビー愛好日記


March 9, 2017 5:19 PM /

サンウルブズ、チーターズ戦メンバー

3月11日(土)、南アフリカのブルームフォンテインで開催される、スーパーラグビー2017ラウンド3、チーターズ対ヒト・コミュニケーションズサンウルブズのサンウルブズのメンバーが発表された。サンウルブズを運営するジャパンエスアールのプレスリリースには次のようにある。

≪当チームは3月5日(日)に南アフリカ・ヨハネスブルグに到着しました。滞在地であるモンテカジノ・リゾートでの練習を終え、チーターズとの対戦に向けブルームフォンテインへ出発する準備も整えています。庭井祐輔、山路泰生、ヘルウヴェの3名の新メンバーを含む先発の15名が発表され、チームは大変盛り上がっております。今回控え選手の坂手淳史、小倉順平が試合に出場した場合は、すでに今シーズン新たにキャップを取得した17名のメンバーに加え、合計5名の新メンバーがスーパーラグビーおよびサンウルブズキャップを取得します。
ヘッドコーチのフィロ・ティアティアはこの5名の新メンバーについて、次のように超コメント。「チームは今週、コンディションの調整に力を入れており、また今回加わった5名の新メンバーは、チームに活力を与えると思います。我々は選手のマネージメントに対して揺るがない哲学を持っています。彼らが常に世界最高レベルのラグビーを経験し続ける事が、日本のラグビー界にとって重要であると考えています。サンウルブズと日本代表に選ばれた選手たちにとって、その環境に身を置き続けることができるのは、素晴らしいことであり、とても誇らしいことであると思います。南アフリカは遠征先としてだけでは無く、ラグビーを楽しむためにも最適な場所です。チーターズは常に上位を狙えるだけの力を備えた素晴らしいチームであると思います。私たちはチーターズ戦に備えて十分な準備を整え、真のサンウルブズのアタッキングスピリットを土曜日の試合で披露したいと思います」≫

◇ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズ チーターズ戦登録メンバー
1山本幸輝、2庭井祐輔、3山路泰生、4リアキ・モリ、5ヘル ウヴェ、6エドワード・カーク◎、7松橋周平、8ヴィリー・ブリッツ、9内田啓介、10ヘイデン・クリップス、11福岡堅樹、12デレック・カーペンター、13ウィリアム・トゥポウ、14中鶴隆彰、15江見翔太/16坂手淳史、17三上正貴、18浅原拓真、19サム・ワイクス、20金正奎、21茂野海人、22小倉順平、23ジェイミー-ジェリー・タウランギ

【選手コメント】
庭井祐輔(HO)
「サンウルブズのメンバーに選んで頂いたことを大変光栄に思います。自分自身にとっても大きな経験となりますし、チャレンジになる試合になると思います。南アフリカ勢のチーターズとの対戦となりますが、自分の得意なポイントであるコンタクトエリアで、少しでもチームに貢献できたらと思います。チームのために働きたいと思います」

山路泰生(PR)
「スーパーラグビー初キャップで先発メンバーとしてサンウルブズの3番を背負えることに感謝しています。メンバー発表を聞いたときはとても興奮しました。チームに求められていることをしっかりやり、プライドをもって思いきりプレーしたいと思います」

松橋周平(FL)
「チームの勝利のために自分の役割を100%出し切って、その中で自分の強みをしっかり出していければと思います。コーチ陣が僕にチャンスを与えてくれたことに感謝しています」

坂手淳史(HO)
「自分の持ち味である力強いプレーをしっかりやっていきたいと思います。タックル、ラン、そしてボールキャリーと、どんどんプレーに参加していきたいと思います。応援よろしくお願いします」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.