1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ラグビー愛好日記


February 12, 2017 6:31 PM /

ブリスベン・テンズの初代王者はチーフス

ブリスベン・グローバル・テンズの2日目は、日本時間の朝9時から始まった。最初の試合は、プールAのオーストラリア同士対戦(レベルズ対ワタラーズ)。ここでワラターズが勝ったことで、パナソニック ワイルドナイツのプールA2位以上が確定し、決勝トーナメント進出が決まった。第2試合、パナソニックとチーフスの試合は黙とうから始まった。元オールブラックスでチーフスのFW第三列しとして長らく活躍したシオネ・ラウアキさんが、35歳の若さで、この日の朝亡くなったからだ。

パナソニックは決勝トーナメント進出が決まっていたこともあって、若い選手を積極的に起用して挑んだが、チーフスの突破力ある選手達に次々にディフェンスを破られ、5-33で完敗してしまう。プールA2位となったパナソニックは、準々決勝ではクルセイダーズと対戦。山田章仁の好タックル、山沢拓也の快走、ヒーナン ダニエルのターンオーバーにトライなどで健闘したが、5-12で惜敗した。ここでトーナメントから姿を消すことになったが、若い選手達にとっては何ものにも代えがたい経験になっただろう。ワラターズとレベルズを破ったことも、パナソニックのクラブとしての歴史に長らく刻まれる快挙だ。

頂点に立ったのはチーフスだった。決勝戦ではクルセイダーズとの死闘を制したが、リアム・メッサムのブレイクダウンでのボール奪取は凄まじかった。ノーサイドの瞬間、空を見上げたのはチームメイトだったラウアキさんへの報告と感謝だったのだろう。その表情に胸を打たれた。最優秀選手は、チーフスのショーン・スティーヴンソン。190㎝のWTB、FBだが、その変幻自在のステップワークを、スーパーラグビーでも披露してもらいたい。

この10人制ラグビーの国際大会は、来年以降も続くが、果たしてどんな歴史を刻むのか。来年の開催を楽しみに待ちたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.