1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ラグビー愛好日記


January 10, 2017 3:57 PM /

サニックス社長、宗政伸一さん逝去

株式会社サニックスより、代表取締役社長・宗政伸一さんが逝去されたとの知らせがあった。2017年1月7日(土)永眠。享年67。葬儀は近親者のみで行われ、後日お別れの会が催されるという。死因は、咽頭膿瘍の疑いという。急なことだったようだ。

● 藤井雄一郎ラグビー部長兼監督のコメント
「秘書から突然電話があり、宗政伸一社長が亡くなられたとお聞きしました。聞いた瞬間、息ができなくなりました。社長は、私の人生に最も大きな影響を与えた方でした。どんなに負けても、常に私たちの味方でした。本当にラグビーが好きな方で、前回のワールドカップで日本代表が南アフリカに歴史的勝利を収めたときも、とても喜ばれて、「カーン(ヘスケス)、やったね!」と電話をいただいたのが、昨日のことのように思い出されます。最終戦は、社長のため、チーム一丸となって戦います」

ラグビーを愛し、サニックスブルースの代表でもあった宗政さんがいなかったら、サニックスブルースは生まれなかったし、毎年ゴールデンウィークに開催されている高校生の世界大会「サニックス ワールドラグビーユース交流大会」も続いていなかっただろう。この大会で来日し、その後、強豪国の代表になった選手は多いし、そうした選手と交流することで、多くの日本の高校生が高い目標を持つようになった。東福岡高校が、フィジカル面の強化を意識したのも、この大会の影響が大きいだろう。またユース大会で日本に来たことの好印象からトップリーグにやってきた選手もいる。宗政さんの日本ラグビー界への貢献度の高さは計り知れない。ブルースやユース大会がどうなるのか心配だが、宗政さんの遺志を継いでブルースが強くなり、ユース大会がさらに発展することを願わずにはいられない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.