1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 柔道・格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ラグビー愛好日記


January 15, 2016 11:22 AM /

山沢選手フランスへ&松井千士選手トークライブ

筑波大学3年の山沢拓也選手が、今春、フランスのトップ14の名門クラブ、ラシン・メトロに練習生として参加するという。ラシン・メトロといえば、昨秋のワールドカップで優勝したオールブラックスのSOダン・カーターが、ラグビー選手としては史上最高年俸で加入するチームだ。かつては、フランスラグビー界のレジェンド、ジャン=ピエール・リーブも在籍していた。元日本代表のFB田中伸典さん、現天理大学ラグビー部監督の小松節夫さんも在籍していたことがある。山沢選手といえば、高校時代から「天才」として将来を嘱望されていたが、大学では膝の怪我でプレーできない時期が続く。本人の謙虚すぎる性格もあって、自己アピールをしない選手なのだが、WTBのようなスピードを持ち、左右両足でよく伸びるキックができるし、ステップワークも天性のものがある。フランスで刺激を受けて、大きく育ち、日本代表で活躍してほしいと思う。

20160114-1.jpg

昨夜(1月14日)は、その山沢選手と同期の同志社大学3年、松井千士選手と同大ラグビー部の山神孝志監督を招いてのトークライブを開催した。不定期で行っている、京都御所の西にあるイタリアン・バール「イルコンタディーノ」でのラグビートークなのだが、今回は予約開始時刻ですぐに満席になった。しかも、この日は、テレビ局3社が取材に来ていた。イルコン・トークライブ史上初のことで、松井選手の人気を再認識。183㎝、80㎏というサイズなのだが、「食べても、食べても、なかなか体重が増えないんです」と、すぐに太ってしまう人には羨ましい体質とのこと。それでもようやく80㎏台に乗り、本人は「85㎏くらいにはしたい」と言っていた。

今季の同志社ラグビーのこと、松井選手の個人的なこともたくさん話してくれた。山神監督は、「松井はすごくいい奴なのですが、セブンズ日本代表に参加してから、発言が変わってきて、みんなに厳しいことも言うようになったし、逞しくなりましたね」と話していたのだが、「僕が選手を叱った直後の円陣で、言わせないようにしようや、と言っていて、こいつ、かぶせてきよったって、ちょっと腹立ちましたね」(笑)、なんてことも。

今では日本代表の福岡堅樹選手と並ぶ日本屈指のスピードランナーとなったが、足が速くなったのは、高校2年生からだという。「高校1年生の時、常翔学園の1年生7人で競争したことがあります。僕も足には自信があったつもりが、ドべ(最下位)で、あれ? 俺のウイングは無いなって思いました(笑)」。それでも急速に身長が伸びたのと同時に足も速くなったという。憧れの選手を聞くと「兄(謙斗さん)です」と即答。兄に憧れて常翔学園高校に進み、大学は兄(天理大)と戦いたくて同志社大学へ。トップリーグでも対戦したいという。

大学4年生になる新シーズンは、大学日本一を目指すと同時に、夏まではオリンピック出場に向けて全力を尽くすとのこと。「山田章仁さんや、福岡堅樹さんには、負けたくないです」というコメントも。大学選手権の大東大戦の終盤は足をひねって、満足に走れなかったのだが、今はそれも治って、セブンズ日本代表の活動に参加していくという。

山神監督、松井選手、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS 2週間お試し無料体験!

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2016 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.