1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ラグビー愛好日記


ようやく今季初勝利をあげたサンウルブズが、4月14日、6戦全勝でニュージーランド(NZ)カンファレンスの首位に立つクルセイダーズと対戦、3-50という完敗を喫した。クルセイダーズは、スーパーラグビー新記録となる176試合目のPRワイアット・クロケット、オールブラックスとして98キャップを誇るNO8キアラン・リードなど経験豊富な選手が出場し、20歳代前半の若い選手たちとともにスキの無いプレーを見せた。サンウルブズのホームページに試合経過については詳しく書くので、以下、簡単に触れたい。

第1節のハリケーンズ戦の17-83よりも点差は少ないが、ノートライを抑えられたこともあって、完敗した感覚は今回の方が強い。キックを使いながら立体的にディフェンスを崩していくスタイルを構築しようとするサンウルブズだが、キック戦略については、クルセイダーズが一枚も二枚も上。今季の開幕戦以降、怪我で戦列を離れていたSOリッチー・モウンガの正確なキックスキルには改めて感心させられた。

サンウルブズのキックをミスなくキャッチして切り返し、反則、ミスを誘っては陣地を進め、着々と得点するクルセイダーズ。サンウルブズもディフェンスでは粘り、モールは食い止めていたが、スクラムで数回反則をとられたほか、ラインアウトでも圧力を受け、セットプレーの成功率では圧倒されてしまった。

先週のブルズ戦で上手く行ったキック戦略が跳ね返され、ボールをキープして連続攻撃を仕掛けても、数回フェイズを重ねるとミスが出る。クルセイダーズのほうが、スピードもパワーもある上に反応スピードが早く、規律正しく動いていた。サンウルブズとしては、もう少しボールをキープして攻めても良かった気がするが、これほどまでにスキのないチームと戦ったのは初めての選手も多かっただろうし、心身ともに余裕のない戦いに終始していたように見えた。この経験を次節以降に生かしたい。

来週は、ハイランダーズとの戦い。ジェイミー・ジョセフ日本代表ヘッドコーチが昨年まで指導していたチームで、キックによる戦略には長けている。そんな相手にサンウルブズはどんな戦い方で臨むのだろうか。

■スーパーラグビー2017第8節、サンウルブズの結果
◇AMIスタジアム 19:35キックオフ
クルセイダーズ○50-3●サンウルブズ(前半29-3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トップリーグのクボタスピアーズが、6月17日(土)、18日(日)にモーリシャス共和国にて開催される10人制ラグビー大会『The Beachcomber World Club 10s(ビーチコンバー・ワールドクラブ10s)』に招待され、参戦することが発表された。2月にパナソニックワイルドナイツがオーストラリアで開催されたブリスベン・テンズに出場したのに続き、トップリーガーたちが世界のトップ選手達と戦う機会を得るのは、日本ラグビー全体のレベルアップにつながる朗報だ。

◎大会参加チーム
日本:クボタスピアーズ(TL)
南アフリカ:ブルズ(SR)、チーターズ(SR)
オーストラリア:ウェスタンフォース(SR)
イングランド:ハリクインズ(PS)、サラセンズ(PS)
その他:アフリカ・パシフィック・ドラゴンズ(特別枠)
※TL=トップリーグ、SA=スーパーラグビー、PS=プレミアシップ
(2017年4月13日時点)

≪フラン・ルディケ ヘッドコーチ コメント≫
この度、The Beachcomber World Club 10s(ビーチコンバー・ワールドクラブ10s)の大会に日本から初の招待チームとして、クボタスピアーズが選ばれたことを光栄に思います。我々にとってこの大会への参戦は、2017‐2018ジャパンラグビートップリーグへの準備として素晴らしい機会だと考えています。 世界各国においてトップレベルのビッククラブと対戦することで、クボタスピアーズの選手たちが一つ上のレベルにステップアップするための、またとないチャンスです。この大会で自分たちのアタックシステムをテストし、シーズンに向けた準備を完璧に行っていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20170412-1.jpg

4月12日の夜は、高田馬場のノーサイドクラブでトークライブだった。ゲストは、トップリーグに再昇格したNTTドコモレッドハリケーンズのWTB渡辺義己選手(32歳)と、SH秦一平選手(27歳)。このために大阪から来てくれた。笑いあり、苦労話もある、楽しいトークになった。

渡辺選手は、東大阪市出身で、花園ラグビースクールでラグビーを始め、花園ラグビー場至近の英田(あかだ)中学出身。天理高校、明治大学に進んだ。おしゃべり好きということで、とにかくどんな話題も言葉数が豊富。高校の寮は週に一回しか外出が許されない厳しさ。それを面白おかしく聞かせてくれた。「当時は、先輩のジャージーの洗濯は当たり前で、僕は木下藤吉郎のように、朝の練習で先輩のジャージーが冷たくないように抱いて眠っていました。それが当たり前だと思っていたら、僕だけだったんです(笑)」

秦選手は福岡県出身で、草ヶ江ヤングラガーズでラグビーを始めている。筑紫高校から明治大学へ。筑紫と言えば厳しい雰囲気のラグビー部として有名だが、「そんなこと、何も知らずに入りました」とのこと。「中学1年生のころ、130㎝くらいで、そこから順調に伸びていたんですよ...」。そう、152㎝で止まってしまった。「小さいままだと分かっていたら、競馬のジョッキーになっていたと思います」。「チームのプロフィール欄には、152㎝と書いてありますが、本当は153㎝です」と言い張るのも面白い。体重は53㎏。いくら食べても、トレーニングしても太らないのだそうだ。「家族みんな、小さいので。これが限界みたいです」。ラグビーよしもと新喜劇では、池乃めだかさんと共演。「初めて男の人を見下げました(笑)」。しかし、洋服の下にはバキバキの筋肉美が隠されていて、見せてくれた時のお客さんの驚きはすごかった。体重53キロで、ベンチプレス100㎏を上げるのは、凄い!

昨シーズン、トップウェストで戦ったが、シーズン前に会社の幹部から、もし一年で上がれなかったら覚悟してくれ、という言葉があったという。「もし上がれなかったら、俺のラグビー人生は終わるのか、と」(渡辺)。「コーチ陣が他のチームの映像を見せることなく、自分達にフォーカスする練習だったので」(秦)。「他のリーグと比較ができないから、自分達が強いのかどうか分からない」(渡辺)。そんな精神的なプレッシャーの中で迎えたトップチャレンジで1位通過しての再昇格だった。「秦は試合に出ていたからいいかもしれないけど、僕はメンバー外だったから、どうしようもない。メンバーに託すしかないわけですよ。日野自動車戦の前日は緊張しました」。

2人とも、NTTドコモのラグビー部に入って良かったことは、いい仲間に出会えたことと、素晴らしい環境で練習できていることをあげた。近代的なクラブハウスに、一年中、緑に輝く天然芝のグラウンドがある。「グラウンドキーパーの人が素晴らしくて、朝から晩まで芝生を管理してくれる。僕らと話すのが好きらしくて、よく声をかけてくれます。花園で試合があるときは、芝の長さを同じにしてくれるんですよ」(渡辺)。

今季の注目選手について、2人から名前が挙がったのは、BKのユルゲン・ヴィサー、リアン・フィルヨーン、パエア・ミフィポセチ。「ヴィサーは、南アフリカ人なのに、がりがりなんです」。何を話してもオチのあるトークライブは、ドコモグッズ争奪じゃんけん大会で終了。「ドコモはボールをよく展開する面白いラグビーをします。東京で試合があるときは、ぜひ応援してください!」

ゲストのお2人、参加者の皆さん、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュージーランドに遠征中のサンウルブズが、4月14日(金)のクルセイダーズ戦の試合登録メンバーを発表した。前節のブルズ戦の後半に登場してチームに活力を与えた、稲垣啓太、木津武士、布巻峻介、田村優が先発。昨年のリオ五輪のセブンズ日本代表の後藤輝也がスーパーラグビーデビューを飾る。リザーブには、真壁伸弥も入り、怪我で前節は欠場したエドワード・カークキャプテンも復帰する。楽しみなメンバーだ。6戦全勝でニュージーランドカンファレンスの首位を走るクルセイダーズにどんな試合を見せるのか。

◎フィロ・ティアティアヘッドコーチからのコメント
先週のブルズ戦での勝利は、チームとして、そして組織としても素晴らしい成果となりました。ファンと同じようにゲームを楽しむことができました。今週ニュージーランドに到着してから、金曜日のクルセイダーズ戦に照準を合わせ、高いモチベーションで練習に臨むことができています。
後藤輝也と三村勇飛丸にとっては、今回がスーパーラグビーを経験する初めての機会となります。クルセイダーズ戦がデビュー戦となること、これ以上のしつらえはありません。時間は限られていますが準備は順調に進んでいます。オークランドに今週ベースを置き、試合に備えて最善の移動とリカバリーのプランを組みました。ニュージーランドはラグビーをする上で特別な場所であり、この地でラグビーができることは、この上ない名誉です。サンウルブズにとって5都市をめぐり、世界の象徴的な強豪チームと対戦するこのツアーは、貴重な経験となるでしょう。

◎エドワード・カークキャプテンからのコメント
今週のチームも本当にいい準備ができていると思います。クルセイダーズはご存知の通り多数のオールブラックス選手を擁し、数々のタイトルを獲得してきた世界最強のチームです。今週末の試合は我々にとって素晴らしい経験になるでしょう。ニュージーランドを初めて訪れるも選手もいれば、ニュージーランドが故郷で帰国を心待ちにしていた選手もいますし、先週の勝利を経て、ニュージーランドに来られたことをとても嬉しく思っています。今週末の試合を心待ちにしています、サンウルブズへのサポートをよろしくお願いします。

■サンウルブズ試合登録メンバー
1稲垣啓太、2木津武士、3浅原拓真、4リアキ・モリ、5サム・ワイクス、6エドワード・カーク◎、7布巻峻介、8ラーボニ・ウォーレンボスアヤコ、9田中史朗、10田村優、11後藤輝也、12デレック・カーペンター、13ティモシー・ラファエレ、14中鶴隆彰、15松島幸太朗/16庭井祐輔、17山本幸輝、18伊藤平一郎、19真壁伸弥、20三村勇飛丸、21矢富勇毅、22ウィリアム・トゥポウ、23ジェイミー-ジェリー・タウランギ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スーパーラグビーに参戦するヒト・コミュニケーションズ サンウルブズを運営する一般社団法人ジャパンエスアールより、スーパーラグビーを主催するSANZAARが発表した2018年シーズンからのトーナメント方式再編について、改めて発表があった。

さまざまな噂話があったが、今回発表されたのは、現行の18チームを15チームに減らし、カンファレンスを、ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカの3つに絞るというもの。ニュージーランドは現行通りの5チームを維持、オーストラリアは1チーム減らし4チーム、南アフリカは2チーム減らして4チームとなる。サンウルブズはオーストラリアカンファレンスに参加。アルゼンチンのジャガーズは南アフリカカンファレンスに入る。

サンウルブズの立場で大会方式を説明すると、オーストラリアカンファレンスの他の4チームとホーム&アウェイで2試合ずつ(計8試合)、ニュージーランド、南アフリカのカンファレンスのそれぞれ4チームと対戦(計8試合)。レギュラーシーズンを16試合戦い、カンファレンスの1位になるか、勝ち点で全体の8位以内になれば、決勝トーナメントに進出できる。オーストラリアカンファレンスに入ることで、時差と移動距離が少なくなり、選手のコンディションにとっては歓迎すべきところ。

今回の再編は、オーストラリア、南アフリカの一部チームの財政的な問題、選手が分散する事でのチーム力の低下、移動や時差で選手の負担が大きく、各国のテレビで視聴率のとれる時間に放映できないなど、さまざまな要因がある。削減される可能性のあるチームから反発が出ており、今後の推移を見守る必要がある。

■ジャパンエスアール渡瀬裕司CEOコメント
SANZAARからの発表につきましては、ジャパンエスアールとしては前向きに受け取っています。オーストラリアカンファレンスも南アフリカに劣らず強豪揃いであり、かつ歴史あるチームも多いです。厳しい試合が続くことには変わりありません。
しかしながら、カンファレンスが変更となることで、チームとしては移動距離が減少し、時差の影響も少なくなるということで、パフォーマンス的にプラス要因となることは間違いありません。また、ビジネスの観点からも、同じタイムゾーンのチームとの試合が増えることから、中継の視聴者が増えることも期待できます。
SANZAARからのメッセージには、アジアにおけるラグビーの普及についても述べられており、我々がその中で大きな期待を負っていることを改めて実感しております。今後も引き続きSANZAARとは密に連携しつつ、チームのパフォーマンス向上に努め、アジアにおけるラグビーの普及という点においても貢献できればと思っています。

■スーパーラグビー 2018年シーズン 大会方式
【カンファレンス】
・ニュージーランドカンファレンス
ブルーズ、チーフス、クルセイダーズ、ハイランダーズ、ハリケーンズ
・オーストラリアカンファレンス
オーストラリア4チーム(チーム未定), ヒト・コミュニケーションズサンウルブズ
・南アフリカカンファレンス
南アフリカ4チーム(チーム未定)、ジャガーズ
・レギュラーシーズン120試合とファイナルシリーズ7試合
・15チーム3つのカンファレンス(オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ)
※現在は18チーム、4カンファレンス
・18ラウンド(各チーム16試合、2週間のバイウィーク=休み)
※現在は17ラウンド(各チーム15試合、2週間のバイウィーク)
・各チーム、レギュラーシーズンは、それぞれのカンファレンス内でホーム4試合アウェイ4試合の8試合、カンファレンスをまたいでの試合を、ホーム4試合、アウェイ4試合の8試合。
・各チーム、シーズンを通して12のチームと対戦(85%の対戦率、2016シーズンは70%)
・8チームによるファイナルシリーズ、3カンファレンスの最上位チームと、ワイルドカードで勝利の5チーム(現在は8チーム)
※カンファレンスに関わらず、各カンファレンス最上位3チームを除いた、全合計ポイントが上位の5チーム、各カンファレンス最上位3チームと、ワイルドカード最上位進出チームが、準々決勝ホームゲーム。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.