1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ラグビー愛好日記


August 7, 2017 5:39 PM /

トップリーグ、いよいよ8月18日開幕!

20170807.jpg

8月7日は、都内のホテルにて8月18日に開幕する「ジャパンラグビートップリーグ2017-2018 プレスカンファレンス」が行われた。参加16チームのキャプテンが勢ぞろい。開幕節の対戦カードごとに抱負を述べた。※キヤノンイーグルスのみ、庭井キャプテンが怪我のため、代役でバイスキャプテン植松宗之選手が参加。また、キャプテンの発表が遅れていたパナソニックワイルドナイツは布巻峻介選手の就任を明らかにした。

王者サントリーサンゴリアスの流大キャプテンは「今年もチャレンジャーとして、すべての面でレベルアップしたい」とコメント。新加入の元オーストラリア代表マット・ギタウ選手については、「学ぶ姿勢が素晴らしい。試合で致命的なミスをした翌日は、一日中ボールを持っていました」とエピソードを披露してギタウ選手の姿勢を高く評価した。

今季は2カンファレンス制で行われるが、サントリーが入るカンファレンスを「レッド」、ヤマハ発動機ジュビロが入るカンファレンスを「ホワイト」を名づけ、トップリーグが日本代表入りを目指す選手達の戦いの場であることを印象付けることも発表された。

会見で披露されたが、8月7日午後3時から、トップリーガーらが出演するプロモーション動画『トップリーグの逆襲』がリーグの公式ウェブサイトや公式YouTubeチャンネルにて公開されることに。各選手のいつもとは違った表情を見ることができる。

また、トップリーグ2017-2018の入場曲とエンディング曲も決定。入場曲は、TWO STEPS FROM HELLの「ALL IS HELL THAT ENDS WELL」、エンディング曲には、カルナバケーションがトップリーグをイメージして書き下ろした新曲「声あつめて」に。カルナバケーションのボーカル、カンタス村田(村田匠)さんは、村田毅選手(日野自動車レッドドルフィンズ所属、日本代表キャップ7)の兄。

その他、たくさんの発表があったので、トップリーグの公式サイトにてご確認ください。
http://www.top-league.jp/


お知らせ◎9月3日、京都でこんなイベントを開催します。お申し込みはお早めに。

【京都・清華園アフターマッチファンクション開催】
京都駅至近の中華料理店「清華園」では、不定期でラグビートークラブを開催していますが、今回は、トップリーグの試合後、アフターマッチファンクションを開催します。9月3日、奈良県の橿原公苑陸上競技場でトップリーグの「近鉄ライナーズ対NTTコミュニケーションズシャイニングアークス」が行われます。この試合後、NTTコムの金正奎キャプテンに来ていただき、ラグビー仲間で楽しくラグビー談義をしましょう。いつものトークライブとは順序を逆にして、清華園の美味しい食事を楽しんでいるところに、ゲストが登場します。皆様のご来場をお待ちしております。

日時:9月3日(日)、19:30より(19:00開場)
場所:清華園(※京都市下京区川端町11 京阪電車七条駅から徒歩約4分、JR京都駅から徒歩約8分)
会費:4,500円(食事付き、ビール・焼酎飲み放題)中学生以下2,000円
MC:村上晃一 ゲスト:金正奎(NTTコミュニケーションズ)
▼お申し込みは、メールにて、seikaen8391@gmail.comまで。お名前、メールアドレス、電話番号、申込人数をお知らせください。※お申込人数が複数の場合は同伴の方の氏名も全てご記入願います。先着順に受け付けさせて頂き、担当者からメールで連絡させて頂きます。受付中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.