1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ラグビー愛好日記


March 7, 2017 9:58 PM /

2017関西セブンズフェスティバル、4月1日、2日開催

3月7日、大阪・梅田の関西大学梅田キャンパスで、4月1日、2日、鶴見緑地球技場で開催される「2017関西セブンズフェスティバル」の記者会見が開催された。登壇者は、関西ラグビー協会の坂田好弘会長、高岡義伸理事長、セブンズ日本代表メンバーでもある鶴田桂樹(つるた・けいじゅ)選手(同志社大学)、中孝祐(なか・こうすけ)選手(関西学院大学)、そして、大会オブザーバーの大西将太郎さん。

20170307.jpg

冒頭、坂田会長は「この大会も4回目を迎えて充実してきた。関西セブンズから2020年のメンバーが出て来てくれたら嬉しい」と挨拶。高岡理事長は、トップウェスト4チーム、関西大学Aリーグから8チーム、クラブチームが3チームなど出場チームや大会概要を説明。今回はセブンズ日本代表スコッドの若手チームも出場することを明らかにした。鶴田、中両選手は、セブンズの魅力など語り、大会への意気込みを語った。中選手は、3月15日から始まる関西学生代表のニュージーランド遠征に参加するため、帰国後の調整になる。

大西将太郎さんは、「昨年の関西セブンズで同志社が優勝し、ジャパンセブンズに出場したとき、日本代表のスタッフから、鶴田選手に関していろいろ聞かれました。そこから彼は日本代表に選ばれ、ドバイセブンズにも参加した。まさに関西セブンズは世界につながっているのです」と、この大会の価値をアピールした。

4月1日、2日は「トップリーガーふれあいラグビークリニック」や、食フェスティバル「セブンズバル」など、さまざまな催し物が予定されており、エースコック社より、両日ともに先着1200名の来場者に「スーパーカップ1.5倍」がプレゼントされる。そのほかにも、さまざまな企画を考案中とのこと。4月1日、2日は、ぜひとも鶴見緑地球技場へ!

この大会に先駆け、昨季の関西大学Aリーグの時代を担う関西学生代表が、3月15日から26日の予定でニュージーランドに遠征する。メンバーは以下の通り。遠征先はニュージーランド南島クライストチャーチで、スーパーラグビーの前座試合など行う予定。

◎関西学生代表/NZ遠征メンバー
左PR柴田知宏(京都産業大学)、渡邊彪亮(立命館大学)、HO藤浪輝人(天理大学)、中川将弥(京都産業大学)、右PR水野健(天理大学)、土田敬太(同志社大学)、左右PR赤平勇人(天理大学)、LO伊藤鐘平(京都産業大学)、澤井未倫(天理大学)、小島佑太(立命館大学)、LO/No.8タンギパ・タリフォロフォラ(摂南大学)、3rd野中翔平(同志社大学)、島根一磨(天理大学)、丸山尚城(同志社大学)、古川聖人(立命館大学)、SH貴島由良(京都産業大学)、木下皓太(関西大学)、SO喜連航平(近畿大学)、立見聡明(天理大学)、SO/CTB王子拓也(天理大学)、CTB永富晨太郎(同志社大学)、金淳英(関西学院大学)、WTB久保直人(天理大学)、WTB/CTBトゥア・サミソニ(摂南大学)、WTB/FB中孝祐(関西学院大学)、CTB/FB中田翔太(近畿大学)、FB/WTB山田聖也(近畿大学)

団長:坂田好弘、監督:小松節夫、FWコーチ:赤井大介、BKコーチ:八ッ橋修身、トレーナー:竹田亘、総務:長崎正巳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.