1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 柔道・格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

インフォーメーション

侍ジャパン 野球世界一奪還へ!
2017 ワールド ベースボール クラシック(WBC) 本戦全試合および
侍ジャパン壮行試合・WBC強化試合も全て生中継! ※2

国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局、株式会社ジェイ・スポーツ(本社 東京都江東区、代表取締役社長 木下伸 以下「J SPORTS」 ※1)は、2017 ワールド ベースボール クラシック(WBC)の本戦全試合および侍ジャパンの壮行試合とWBC強化試合を全戦生中継※2することを決定しました。

サンフランシスコ・AT&Tパークでの涙の敗戦から4年。2017年3月、ついに野球世界一決定戦「ワールド ベースボール クラシック」が開幕します。今回で4回目の開催となるワールド ベースボール クラシックは、日本プロ野球はもちろん、メジャー・リーグ・ベースボール、韓国プロ野球、台湾プロ野球など全世界の野球選手により各国代表チームが結成され、国別対抗戦として野球世界一の座が争われます。日本は、第1回の2006年大会で王貞治監督のもと初代チャンピオンに輝き、つづく第2回の2009年大会も制して連覇を達成。しかし、前回大会となる2013年大会は準決勝でプエルトリコに敗れ、大会3連覇を逃す結果となりました。日本代表はその敗戦を踏まえ、「2017年世界一奪還へ」を合言葉に、小久保裕紀監督のもと長期的な強化が行われてきました。
これまでの3大会すべての試合を放送してきたJ SPORTSでは、日本代表の世界一奪還が期待される2017年大会を、日本代表戦はもちろん、野球強豪国のアメリカ、キューバ、韓国戦などを含む本戦全試合を生中継します。さらに、大会前の侍ジャパン壮行試合・強化試合も余すことなく全戦生中継※2して参ります。

さらに、本大会開幕を前に「【侍ジャパンが世界に挑む!】ワールド ベースボール クラシック(WBC)一挙放送」と題して、過去3大会の日本代表戦の全試合をリピート放送します。合わせてお楽しみください。

侍ジャパン 野球世界一奪還へ!野球世界一決定の瞬間をぜひJ SPORTSでご覧ください。

2017 ワールド ベースボール クラシック(WBC) 放送概要

■ 2017 ワールド ベースボール クラシック(WBC)
2017年3月6日の開幕戦「イスラエル vs. 韓国」から決勝戦まで 日本戦全試合を含む本戦全試合を生中継
※各試合の放送日時、放送チャンネル等については決定次第お知らせします

■ 【侍ジャパンが世界に挑む!】ワールド ベースボール クラシック(WBC)一挙放送
2017年1月 8日(日) 午後5時 ′06年大会決勝 キューバ vs. 日本  J SPORTS 4
 2017年1月18日(水) 午後7時 ′09年大会決勝 日本 vs. 韓国    J SPORTS 4
 上記2試合のほか、これまでの3大会から日本戦全試合を2017年1月1日(日)から一挙放送

※放送内容等は変更になる場合があります。

»野球 特集ページはコチラ

※1 J SPORTSはJ:COMなど全国のケーブルテレビ、BS放送(スカパー! )で約700万世帯が視聴する国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局です。
※2 壮行試合・強化試合の放送内容等については変更になる場合があります。

株式会社ジェイ・スポーツ



本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.