1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 柔道・格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

インフォーメーション

ジャパンラグビー トップリーグ16/17
J SPORTSで全120試合を放送!

国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局、株式会社ジェイ・スポーツ(本社 東京都江東区、代表取締役社長 木下伸、以下「J SPORTS」 ※1)は、国内外のラグビーを年間300試合前後中継しており、「ジャパンラグビー トップリーグ」につきましても初年度の2003年から中継を続けてまいりましたが、8月26日に開幕する「ジャパンラグビー トップリーグ2016-2017」を、生中継中心に全120試合を放送いたします。

ジャパンラグビートップリーグ

史上初のトップリーグ4連覇を狙うパナソニック ワイルドナイツ

ジャパンラグビートップリーグ

ラグビー日本代表の選手たちも所属チームに分かれて火花を散らす!

14年目のシーズンを迎えるトップリーグは、前人未到のトップリーグ4連覇を目指す パナソニック ワイルドナイツと初優勝を狙う昨年3位のヤマハ発動機ジュビロの対戦と、サントリーサンゴリアスと近鉄ライナーズが対戦する2カードで8月26日に開幕。今シーズンは16チームによる総当たり戦ですべての順位を決します。

昨年のラグビーワールドカップで世界中を沸かせた日本代表選手をはじめ、サンウルブズなどスーパーラグビーで活躍した選手たちにも注目が集まりますが、大学選手権7連覇を果たした帝京大学を牽引した坂手淳史や、大学生ながらラグビーワールドカップに出場した藤田慶和、リオデジャネイロオリンピックでの活躍が期待される福岡堅樹などのルーキーたちもトップリーグの舞台に登場します。また、2015年ラグビーワールドカップ準優勝の立役者の一人、オーストラリア代表のデービッド・ポーコックや、過去トップリーグで2度のMVPに輝いているジョージ・スミスなど大物新外国人選手も数多く来日し、トップリーグのますますのレベルアップが期待されます。

J SPORTSでは、8月26日に行われる開幕戦から2017年1月14日の最終節まで、生中継を中心に全120試合を放送いたします。さらに今年からは、トップリーグ開催週の翌月曜日に30分のハイライト番組を新たに放送し、トップリーグの魅力を30分に凝縮してお届けします。

J SPORTSオンデマンド(※2)でもハイライト番組や見逃し視聴など全試合配信しますので、様々な形でトップリーグをお楽しみいただけます。今シーズンのJ SPORTSのトップリーグ中継に是非ご期待ください!

「ジャパンラグビー トップリーグ16/17」放送・配信概要

<J SPORTS 試合放送予定>
◆生中継を中心に、全120試合を放送。

<J SPORTS ハイライト番組放送予定>
◆トップリーグ開催週の翌月曜日、午後10:30から午後11:00までJ SPORTS 1で放送。
 (第1節は、深夜1:00から深夜1:30まで。放送時間は変更になる場合があります。)

<J SPORTSオンデマンド 試合配信予定>
◆全120試合を見逃し配信。

※放送予定等は変更になる場合があります。

詳細な放送予定は、下記ページをご確認ください。
»ジャパンラグビー トップリーグ放送予定

※ J SPORTSはJ:COMなど全国のケーブルテレビ、BS放送(スカパー!)で約700万世帯が視聴する国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局です。
※2 J SPORTSオンデマンドは有料サービスとなります。

株式会社ジェイ・スポーツ



本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.