第19ステージを制したボアッソンハーゲン

第19ステージを制したボアッソンハーゲン

勝負の分かれ道はロータリーだった。右側こそが、栄光の扉へと続いていた。エドヴァルド・ボアッソンハーゲンは正しい方向から突っ込み、ついに独走勝利をつかみ取った。20人がステージ勝利を巡って激しく争った背後では、147選手が静かな移動ステージを満喫した。マイヨ・ジョーヌのクリス・フルーム擁するチームスカイが、淡々と隊列を走らせた。総合順位やタイムに一切の変動はなかった。

「総合リーダーにとって、今日は、少々特殊な1日となった。僕らアルプスを3日間全力で走ってきたから、単純に、誰かの背後で静かに過ごし、体力回復に努める、こんな1日が必要だったんだと思う。明日のマルセイユでも難しい1日が待っている。だからこそ、こんな移動ステージは、とてもありがたかった」(フルーム、公式記者会見より)

雄大なアルプスの自然公園を抜け出して、ラベンダー薫る南仏プロヴァンスへ。過酷なイゾアール山頂フィニッシュと、総合勢にとっては最後の真剣勝負となるマルセイユの個人タイムトライアルに挟まれた、2017年大会で最も距離の長いステージだった。大逃げの成果を狙う選手にとっては、文字通り、最後のチャンスでもあった。スタート直後から35kmに渡って続いた飛び出し競争を制して、ひどく蒸し暑い夏の午後に、20選手が果てしない長旅へと繰り出した。

出来上がったエスケープ集団には、いわゆる2017年大会を前方で盛り立てた常連が勢ぞろい。大逃げで区間を制したリリアン・カルメジャーヌやバウク・モレマに、勇気ある逃げで敢闘賞に輝いてきたエリー・ジェスベールやシルヴァン・シャヴァネルに、さらにはトーマス・デヘント。山岳ジャージの夢は昨区間で散ったけれど、昨季1年で通算2665kmを逃げたベルギー屈指の大逃げ巧者は、3日連続で前方で奮闘した。

お知らせ

☐ ツール・ド・フランス 2017
世界初!ツール・ド・フランス 全21ステージ
スタートからフィニッシュまで完全生中継
»詳しくはツール・ド・フランス特設サイトへ


☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ