区間優勝したバルギル

区間優勝したバルギル

フランス革命記念日に、大きな打ち上げ花火が上がった。赤玉姿のワレン・バルギルが、「フェット・ナシオナル(ナショナル・デー)」に、フランス人勝利をもぎ取った。誇り高き王者、アルベルト・コンタドールとナイロ・キンタナは攻撃的に走り、守備的に走った総合首位から4位までは、35秒という僅差でぎゅうぎゅう詰めのままピレネー山脈を抜け出した。

わずか101kmの超短期決戦だった。本スタートの瞬間、まるでロケット花火のようにトマ・ヴォクレールとバルギルが飛び出すと、すさまじいアタック合戦が始まった。あまりにも高速で突っ走ったものだから、2日前の落車で体を痛めたヤコブ・フグルサングとアルテュール・ヴィショは、あっという間に後方へと置き去りにされた。リーダー格の2人は、無念にも途中棄権に追い込まれた。

大会序盤から「道を知り尽くした第13ステージで逃げる」と宣言していた新城幸也も、積極的に前方へと打って出た。

「ツールではいまだ、バーレーンは前に誰も送り込めていなかったんです。だから朝のミーティングでも『今日はお披露目だ!』『絶対に逃げに乗るぞ!』とみんなで意気込んでいたんですよ」(新城幸也、フィニッシュ後インタビュー)

フレンチデュオが飲み込まれ、代わりに他のトリオが逃げ出した。そのすぐ背後では、新城が、10人程度の追走集団を猛然と牽引した。ただ、どうやら、タイミングが悪かった。13.5km地点に中間スプリントが待ち構えていたからだ。スプリンターチームが追走組を全て回収にかかり、熱心にポイント収集を続けるマイケル・マシューズが、楽々と4位通過を成功させた。5位にはマイヨ・ヴェールのマルセル・キッテルが続いた。

お知らせ

☐ ツール・ド・フランス 2017
世界初!ツール・ド・フランス 全21ステージ
スタートからフィニッシュまで完全生中継
»詳しくはツール・ド・フランス特設サイトへ


☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ