5勝目をアピールしながらゴールするキッテル

5勝目をアピールしながらゴールするキッテル

地図だけを見れば、極めて平凡な平坦路だった。マルセル・キッテルが楽々と大会5勝目をもぎ取り、マイヨ・ヴェール争いをまた一歩リードした。実際は落車の多い危険な1日だった。アスタナのダブルエースの1人ヤコブ・フグルサング、フランス期待の星ロメン・バルデ、そして現役最多のグランツール総合優勝数を誇るアルベルト・コンタドールが、ピレネー突入前夜に、次々と地面に投げ出された。

逃げは一瞬で決まった。スタートフラッグが振り下ろされると同時に、フレデリック・バカールト、マルコ・マルカート、マチェイ・ボドナールが飛び出した。少し肌寒い昼下がり、またしても集団は淡々とペダルを回すほう方を選んだ。憂鬱な灰色の雲が広がり、黄色に輝くヒマワリだけが、夏の愉しさを思い出させてくれた。

動きのないレースではあったけれど、決して平和な1日でもなかった。自転車乗りの安全を守ってくれるはずのノートル・ダム・デ・シクリスト教会の側を、通過した直後のことだった。舗装状態のよくない田舎道で、小さな集団落車が起こった。ここまで幾度となくビッグネームを狙い撃ちしてきた落車が、またしてもリーダーたちに、牙をむいた。

補給地点を過ぎ、フィニッシュまで残り95kmを切った地点で、第1の落車が発生する。中でも6月にクリテリウム・ドゥ・ドーフィネ総合を制し、総合2位ファビオ・アルと頼もしいタッグを組む総合5位フグルサングが、左手舟状骨を痛めた。同じアスタナの実力派アシスト、ダリオ・カタルドもやはり左手首を痛め、救急車で大会を去った。ジョン・デゲンコルブも、地面に滑り落ちた1人だった。

お知らせ

☐ ツール・ド・フランス 2017
世界初!ツール・ド・フランス 全21ステージ
スタートからフィニッシュまで完全生中継
»詳しくはツール・ド・フランス特設サイトへ


☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ