バルギルが手をあげたが、写真判定の結果ウランの勝利となった

バルギルが手をあげたが、写真判定の結果ウランの勝利となった

激坂を登った後には、いつだって勾配の厳しい下りが待っている。しかも雷雨が通り過ぎたせいで、道は極めて滑りやすくなっていた。無数の落車が発生し、2人の総合表彰台候補が即時リタイアに追い込まれた。メカトラを乗り越えて、リゴベルト・ウランが区間を制した。メカトラで一時はひやりとさせられながらも、クリス・フルームがマイヨ・ジョーヌの座を守った。

昨年10月のコースプレゼンテーションで、大会開催委員会は、この「ツールでは前代未聞」の激坂ステージを実に誇らしげに紹介したものだ。たしかに、普段なら座り漕ぎアタックを炸裂させるフルームが、立ち漕ぎで加速を切るという珍しい場面さえ目撃された。しかもレースを実際に終えてみると、前評判以上に、現実は過酷だった。

「昨日の時点では、今日はGCライダーたちのタイム差が大きく割れるだろう、と予測していた。あらゆる意味で、それは現実となった。今日のステージは、本当に暴力的だった」(クリス・フルーム、公式記者会見より)

あらゆる意味で……。その1つが、落車だった。ステージ半ば、雨に濡れた超級コル・ド・ラ・ビッシュからの下りで、ゲラント・トーマスが地面に倒れ落ちた。大会最初のマイヨ・ジョーヌで、この日の朝まで12秒差の総合2位につけていたチームスカイ第2の男は、右鎖骨骨折で大会を去った。区間最後の超級、モン・デュ・シャからの下りでは、リッチー・ポートが犠牲となった。ダニエル・マーティンを巻き込みながら、激しく岩肌に激突した。鎖骨と骨盤を骨折し、そのままシャンベリーの救急病院に搬送された。この1日だけで5選手が途中リタイアを余儀なくされた。またラファル・マイカも激しい落車の犠牲となり、総合10位から43位へ一気に陥落した。

お知らせ

☐ ツール・ド・フランス 2017
世界初!ツール・ド・フランス 全21ステージ
スタートからフィニッシュまで完全生中継
»詳しくはツール・ド・フランス特設サイトへ


☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ