4年に一度、南半球に遠征し、今年はニュージーランドツアーを行っているブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ(以下ライオンズ)が、6月17日(土)、ロトルアでマオリ・オールブラックスと対戦する。

ライオンズは、スーパーラグビーチームのブルーズに続き、13日にはハイランダーズに逆転負けを喫して、ここまで2勝2敗と決して調子が上がっているとは言えない。

今週は、来週から迎える「オールブラックス」こと、ニュージーランド代表とのテストマッチ3連戦を前に、オールブラックスに準ずるチームであり、マオリ民族の血を引いている選手だけで構成する「マオリ・オールブラックス」と対戦する。

マオリ・オールブラックスは、2014年には日本代表も戦った相手であり、世界ランキングは5位に匹敵する実力を持つと目されているチームに、勝利して勢いに乗ることができるか。

まず、ライオンズのウォーレン・ガットランドHC(ヘッドコーチ)は、アイルランド代表のFL(フランカー)ピーター・オマーニーをゲームキャプテンに指名。

所属するマンスターでもスキッパーを務めていることもあり、指揮官は「彼のリーダーシップの質はマオリ・オールブラックス戦で我々を助けてくれる」と信頼は厚い。

FLオマーニーも「今までやってきた基本的なことをしっかりとやることが重要」と意気込んでいる。

この試合のライオンズのメンバーは先発15人中8人が、2013年のオーストラリアツアーも参加している経験豊富な選手たちで揃えた。

◆ライオンズ先発予定メンバー

1. マコ・ヴニポラ(イングランド)
2. ジェイミー・ジョージ(イングランド)
3. タイグ・ファーロン(アイルランド)
4. マロ・イトジェ(イングランド)
5. ジョージ・クルース(イングランド)
6. ピーター・オマーニー(アイルランド)
7. ショーン・オブライエン(アイルランド)
8. タウルペ・ファレタウ(ウェールズ)

9. コーナー・マリー(アイルランド)
10 ジョナサン・セクストン(アイルランド)
11 ジョージ・ノース(ウェールズ)
12 ジョナサン・デーヴィス(ウェールズ)
13 ベン・ティオ(イングランド)
14 アンソニー・ワトソン(イングランド)
15 リー・ハーフペニー(ウェールズ)

FW(フォワード)の前5人はアイルランド代表PR(プロップ)タイグ・ファーロン以外は、PRマコ・ヴニポラ、LO(ロック)マロ・イトジェらイングランド代表で揃えた。

第3列は6番にキャプテンFLオマーニー、7番には同じくアイルランド代表のFLショーン・オブライエン、NO8(ナンバーエイト)には突破力のあるウェールズ代表のタウルペ・ファレタウが入った。

またBK(バックス)は、ハーフ団はSH(スクラムハーフ)コーナー・マリーーとSO(スタンドオフ)ジョナサン・セクストンのアイルランド代表コンビ。CTBにはジョナサン・デービス(ウェールズ)、ベン・テオ(イングランド)の縦に強い2人。

そしてバックスリーは、WTBはジョージ・ノース(ウェールズ)、アンソニー・ワトソン(イングランド)の2人、FBに正確なキックが武器のリー・ハーフペニー(ウェールズ)が先発する。

控えにはツアーのキャプテンであるウェ−ルズ代表FLサム・ウォーバトン、スコットランドSHグレイグ・レイドロー、イングランド代表SOオーウェン・ファレルらが入った。

なお、ハイランダーズ戦で負傷したスコットランド代表FBスチュワート・ホッグはチームから離脱したが、追加招集はなし。

ガットランドHCは「明らかに、私たちはハイランダーズに対して負けてがっかりしている」。

「ただ、規律を含め、いくつかの点で改善することが必要であるが、(来週の)テストマッチに向けて上手く、チームを立て直していきたい」とコメントした。

お知らせ

\6月3日スタート!/
J SPORTSオンデマンドではブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズを全10試合配信!
更に5月29日からは2013年大会のオーストラリア戦も配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
★詳しくはこちら
★ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ