いよいよル・マン24時間耐久レースの走行が6月15日にスタートした。まずは4時間のフリープラクティス、そして2時間の予選1回目を終えて、予選1回目では7号車トヨタTS050ハイブリッドがトップタイム。8号車トヨタTS050ハイブリッドが2番手。2号車ポルシェ919ハイブリッドが3番手につけたが、ほとんどのLMP1チームが“トラフィック(他カテゴリーのマシンに引っかかってしまいタイムロスすること)”によりうまくアタックができていない。

「燃料を積んでいったらあのタイムが出た。アタックではなかった」というのは7号車トヨタのアタッカーを務めた小林可夢偉。8号車トヨタの中嶋一貴も「最初のアタックではかなりトラフィックに引っかかって、もう一度アタックした」という。

お知らせ

【モータースポーツが見放題!】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

SUPER GT、スーパーフォーミュラ、WRC
ニュルブルクリンク24時間レース、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ