今年も6月17〜18日に決勝レースが行われるル・マン24時間耐久レース。今大会で85回を重ねる長い歴史の中で繰り返されたテクノロジーの進化と挑戦の日々が再び激突する。栄冠を手にするのは果たしてどのチームか。ル・マンを知る12人の男達がその深淵な戦いの歴史と魅力を紡ぐ。最終章は1998年大会に日産で表彰台に上り、現役時代「日本一速い男」と呼ばれた星野一義が語る(後編)。

ARCHIVE
きっかけは「スティーヴ・マックィーン」/関谷正徳(前編)
マクラーレンで走ったワケ/関谷正徳(後編)
初参戦のオーディション/荒聖治(前編)
総合優勝のポイントとは/荒聖治(後編)
「朝日に相当感動して、涙が出そうなくらいだった」/近藤真彦(前編)
「戦いに行く、それが僕にとってのル・マン」/近藤真彦(後編)
「行った人しかわからない特殊な空気がある」/片山右京(前編)
「ル・マンの魅力は、老後になってからわかる」/片山右京(後編)
「僕はモータースポーツは世の中でいちばん素晴らしいスポーツだと思っている」/高橋国光(前編)
「その『一瞬』の積み重ねが『人生』なんですよ」/高橋国光(後編)
「スティーブ・マックイーンになりきってた」/鈴木亜久里(前編)
「ル・マンでのことは、今だからおもしろいって言える」/鈴木亜久里(後編)
「国さんがいなければ、ル・マンに行けなかった」/土屋圭市(前編)
「ル・マンは、行けるだけで幸せ」/土屋圭市(後編)
「現地の人に愛されている歴史が詰まった大会」/寺田陽次郎(前編)
「簡単に勝つことができない難しいレース」/寺田陽次郎(後編)
「日産にはありがとうと言いたい」/星野一義(前編)
「レースをやっていなかったら、日本はここまで技術大国になっていなかった」/星野一義(後編)

「日本の技術、日本のドライバーで優勝して欲しい」

——昔と今のル・マンの違いは感じられますか?
星野:競技自体は昔も現在も変わらないと思うんだけど、クルマの進歩といったら計り知れないものだよね。ハイブリッドを積んだクルマも出ているし、クルマのスタイルも違うし、すべてにおいてだよね。タイムも、どれだけ走ってもほとんど壊れない信頼性も、すごい次元に来ていると思う。これが10年、20年先にいったらどんなことになるかと思うとワクワクするね。レースの重さ、レースによって磨かれる技術の向上、レースでの人間性の向上と、ヨーロッパのそういった文化はやはり日本とは違うとは感じるところもあるけど、日本でもホンダさんが二輪でマン島に挑んだり、世界を制覇したり、日産もトヨタも鈴鹿や富士で火花を散らして、世界でも戦ってきた。ただ単にガソリンを使って、危険なことをやるのがレースではなくて、これをやっていなかったら、日本はここまで技術大国になっていなかったと思うんだ。だから皆さんもそれをぜひ理解して欲しい。だって、日本は石油やダイヤモンドや金が出るわけでもないし、アタマと技術で日本は豊かになっているんだから。僕はその意味では、すごく貢献していると思うよ(笑)。田園調布に500坪くらいの家に住んでもいいんじゃないかなぁ(笑)。話は逸れちゃうけど、昔エディ・アーバイン(F3000で戦ったドライバー)が「なんで星野はヘリコプターを買わないんだ」って言うんだよ。だから「買えないんだ」って。ル・マンでチームメイトだったマーティン・ブランドルもヘリで来てて、ビックリしちゃったよ。ヨーロッパはそういうところもすごいよね。

お知らせ

【モータースポーツが見放題!】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

SUPER GT、スーパーフォーミュラ、WRC
ニュルブルクリンク24時間レース、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ