「FIMスーパースポーツ世界選手権」第7戦がイタリアのミサノサーキットで6月16日(金)〜6月18日(日)に開催されます。日本人ライダー3人、大久保光、渡辺一樹、國川浩道も走るスーパースポーツのレースは「J SPORTS」では6月21日(水)にオンエアされます。アメリカ遠征がないため、8月までサマーブレイクに入る「FIMスーパースポーツ世界選手権」の前半戦の締めくくりレースとなります。

さて、前戦ドニントンでまたもや5度のチャンピオン、ケナン・ソフォーグル(カワサキ)が優勝しました。これでなんと3連勝です。やはり王者は波に乗ってきましたね。というか、これが600ccマイスターとしての本当の実力であることを改めて知らしめている印象です。ライバルたちにとってソフォーグルの存在は今年も越えるべき壁となっています。

ただ、ソフォーグルは前半2戦を欠場したことで、やはり2戦欠場、復帰戦ノーポイントの痛手は大きく、首位のルーカス・マヒアス(ヤマハ)との差は30点とまだまだポイントには開きがあります。マヒアスは「FIMスーパースポーツ世界選手権」の激しいコンペティションの中で着実にソフォーグルに次ぐ2位フィニッシュを続けていて、チャンピオン争いという意味ではまだまだ分からない情勢です。ただ、マヒアスにとって目標となる強烈な王者を追いかけることはシーズン後半にさらなるポジティブな結果をもたらすことになる可能性を秘めていると言えますね。

お知らせ

【モータースポーツが見放題!】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

SUPER GT、スーパーフォーミュラ、WRC
ニュルブルクリンク24時間レース、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ