MVPに輝いた大東指名打者(立大)

立大先発の手塚投手

立ち上がり1回の攻防が試合を決めた。
先制された立大はヒットを重ねて2点を返し、そこで3ラン本塁打を放った指名打者の大東選手だった。
強力打線が持ち味の国際武道大は3回にタイムリーヒットで1点を返したが、5回に手塚投手から交代した1年生アンダースロー中川投手が、後半の攻撃をわずか2安打に抑える快投をみせた。

終始、ゲームを優位に進めた立大は、終盤にもさらに4点を加えて国際武道大を圧倒、神宮球場のVIP席に座る立大OB長嶋さんの微笑みを誘った。

そのロングリリーフの頑張りがきいた右腕中川投手。新人とは思えないマウンド度胸と、打者の手前で鋭くホップするボールで三振と内野ゴロの山となる。
「あの5回のピンチは、もう気持ちで押さえました。これも応援してくださる方々のおかげです。この大学日本一はうれしいです、秋の明治神宮大会も狙います」(立大・中川投手)

国際武道大は先発の伊藤将が、前の試合の疲れが響いてか、ボールにいつもの伸びが見られず3ラン本塁打を含む5安打を喫した。スイッチした林投手、青野投手、国本投手、高橋投手もランナーをためられ、そこにタイムリーを浴びて大量4点を追加されてしまった。

国際武道大は伊藤将投手の連投だった

国際武道大は伊藤将投手の連投だった

最優秀投手賞の中川投手(立大)

お知らせ

第66回 全日本大学野球選手権 6月5日開幕!
J SPORTSで全26試合生中継!J SPORTSオンデマンドでも全試合LIVE配信!
★特集ページはこちら
★出場大学決定!トーナメント表はこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ