今年も6月17〜18日に決勝レースが行われるル・マン24時間耐久レース。今大会で85回を重ねる長い歴史の中で繰り返されたテクノロジーの進化と挑戦の日々が再び激突する。栄冠を手にするのは果たしてどのチームか。ル・マンを知る12人の男達がその深淵な戦いの歴史と魅力を紡ぐ。#07は「ドリフトキング」の愛称でファンに親しまれる土屋圭市が語る(前編)。

ARCHIVE
きっかけは「スティーヴ・マックィーン」/関谷正徳(前編)
マクラーレンで走ったワケ/関谷正徳(後編)
初参戦のオーディション/荒聖治(前編)
総合優勝のポイントとは/荒聖治(後編)
「朝日に相当感動して、涙が出そうなくらいだった」/近藤真彦(前編)
「戦いに行く、それが僕にとってのル・マン」/近藤真彦(後編)
「行った人しかわからない特殊な空気がある」/片山右京(前編)
「ル・マンの魅力は、老後になってからわかる」/片山右京(後編)
「僕はモータースポーツは世の中でいちばん素晴らしいスポーツだと思っている」/高橋国光(前編)
「その『一瞬』の積み重ねが『人生』なんですよ」/高橋国光(後編)
「スティーブ・マックイーンになりきってた」/鈴木亜久里(前編)
「ル・マンでのことは、今だからおもしろいって言える」/鈴木亜久里(後編)
「国さんがいなければ、ル・マンに行けなかった」/土屋圭市(前編)
「ル・マンは、行けるだけで幸せ」/土屋圭市(後編)

俺たち3人は「誰にも気兼ねすることなく全開で行こうぜ!」って決めた

——ル・マンへの参戦は、土屋さんが師と仰ぐ高橋国光さんからのお誘いがあったからと伺いました。
土屋:そのとおり。国さんがいなきゃ、ル・マンになんて行けるわけないよ。1994年に(飯田)章と3人で出たんだよね。「せっかくホンダが日本を代表するクルマ(NSX)を作ったのに、どうして世界で戦わないんだ」って、国さんがホンダのモータースポーツ部に働きかけたの。でも話がうまく進まなくてね。結局、そのときはホンダの研究所が独自にやろうって決意してくれたんだ。それで翌年にはクラス(GT2)優勝したんだけど、表彰台で日の丸が上がっていくタイミングで君が代が流れるの。いいよぉ〜、君が代。「あぁ、俺って日本人だなぁ」って、うるってくるんだよ。日本のサーキットで聞いても、こんな気持ちにならないんだけどね。

——憧れの高橋国光さんとの参戦で、ル・マンの虜になったのですか?
土屋:虜になったのは、中学生のとき。映画『栄光のル・マン』を見て、なーんてカッコいいんだろって思ったんだ。世界三大レースのひとつだということは知ってたけど、俺にとってのル・マンは、あくまでも映画の世界だったの。俺には関係ない、俺なんかが行けるところじゃないって思ってたよ。だから、国さんがいなかったら実現しない話だった。あのときは、国さんの気持ちを汲んだ研究所が独自でル・マンプロジェクトを立ち上げて、よし、やろう!となって動いたものだからね。そしたら2年目からは本社が動いてくれることになった。

——ホンダが総力をあげて挑んだル・マンは、どのようなものでしたか?
土屋:厳しかったよ。決勝になっても予選と同じように全開で行け! 結果を出してこい! ちんたら走ってんじゃない! というのがホンダのスタイルだったんだ。雨で夜のスティントで、「総合トップのマクラーレンより、お前(土屋)のほうが6秒も速いぞ」って無線が入るんだ。でも、ラップタイムが2秒落ちると、今度は「疲れたのか? ドライバーはほかにいくらでもいるぞ」ってね。手厳しいでしょう? 雨だからとエンジン(の回転数)を9000回転くらいで回していたら、「予選と同じで回転数で行けって言っただろう!9500回せ」って。「壊れたら交換するから大丈夫だ」って言われるんだよ。全開で行かなきゃ怒られちゃうんだもん、もうまるで軍隊みたいなものだったね(笑)。夜のセッションでも色々あった。どのタイミングで誰がどれだけ乗るかを決めるときに、けんか腰になったこともあったなぁ。

お知らせ

【モータースポーツが見放題!】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

SUPER GT、スーパーフォーミュラ、WRC
ニュルブルクリンク24時間レース、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ