失墜した名古屋が“本気の補強”を敢行

DUARIG Fリーグ2017/2018は、6月10日、11日、東京都・国立代々木競技場第一体育館で開幕。両日で全12チームが登場するセントラル開催で、新シーズンの戦いがスタートする。

2007年のFリーグ創設から今年で11年目。昨シーズンは、これまでリーグを9連覇してきた名古屋オーシャンズの牙城が崩れ、レギュラーシーズンと、その後のプレーオフで無類の強さを誇ったシュライカー大阪が悲願の初優勝を飾った。そんなエポック・メイキングな10年目を経て、Fリーグは新時代へ突入する──。

大阪の連覇か、名古屋の復権か、他チームの台頭か。これまで不可能とさえ思えた名古屋以外の優勝が“現実的な目標”に変わり、どのチームもその座を狙う新シーズンは、まさに群雄割拠。選手起用や戦略、戦術も千差万別で、語りつくせないほどの(ぜひ会場で生で味わってもらいたい)見どころにあふれている。

そんななかで、開幕2日目の名古屋と府中アスレティックFCの対決は、新シーズンを占うという意味でも、絶対に見逃せない。なぜなら、「王座奪還」を固く誓う名古屋の“本気”が、そこにはあるからだ。

昨シーズン、プレーオフ2nd Roundでペスカドーラ町田に敗れ、前人未到の10連覇の夢に届かなかった名古屋は、3月に行われた全日本フットサル選手権でも、Fリーグが始まって以来初めてとなる1次ラウンド敗退を喫した。この結果を受け、権威と自信を失ったクラブは、“本気の補強”に踏み切る。手始めに、現役ブラジル代表のラファとペピータを獲得し、日本代表の支柱、西谷良介をフウガドールすみだから引き抜いた。

お知らせ

◆フットサルFリーグ17/18 放送!

◆フットサルFリーグ17/18 放送!
J SPORTSでは6クラブ共同開催で行われる「J SPORTS シリーズ」など年間54試合を放送!


特集ページこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ