交流戦でケイシー・マギーに再会することができた。イーグルスファンには思い出深い、2013年の優勝請負人の一人だった“助っ人”マギー。

2015年にアリゾナのキャンプ地で少し話したきりだったが(その時のコラムはこちら)、試合前の練習でロッカールームに引き上げるところを、後ろから「ミスター・マギー!」と声を掛けると、振り返ってすぐに気づいてくれた。

「ああ、久しぶり!元気だった?」。2年以上も経つのに覚えていてくれて光栄ですと言うと、「もう2年も経つのか」とマギーは、顔をくしゃくしゃにした。マギーは顔をほころばせるというより、くしゃくしゃにする感じだ。

おかえりなさい、すばらしい活躍ですねと話すと、マギーは「いやでもチームがね…」とまた顔をくしゃくしゃにした。

練習中、顔をくしゃくしゃにするマキー

連敗続きのジャイアンツは、交流戦でも初戦をエース菅野智之で大敗し、順位もリーグ4位に転落。なお、この交流戦でも負けが止まらず、交流戦順位は12球団ワーストとなっている。

話したのは、エース則本昂大が投げる前日のこと。則本が「マギーとの対戦を楽しみにしている」と話していたことを伝えると、マギーは「いやあ、こっちは楽しみじゃないよ。彼はすばらしすぎるから」と苦笑した。

次の日、則本があの野茂英雄氏を超える7試合連続2桁奪三振という歴史的記録を達成したのは周知のとおりだ。

「イーグルスの調子がいいのは嬉しいから変な感じだよ。でも今はこのチーム(ジャイアンツ)で勝たなければならないんだ」とマギー。

お知らせ

\楽天見るならJ SPORTS!/
注目の交流戦、横浜DeNA・広島戦を生中継!
★楽天の特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ