Photo by Mark Kolbe/Getty Images

◆ライオンズのキャプテンは頼れる仕事人
 サム・ウォーバートン

ウェールズ代表だけでなく、ライオンズの指揮官も務めるウォーレン・ガットランドHC(ヘッドコーチ)にスキッパーに任命されたのが、ウェールズ代表のFL(フランカー)サム・ウォーバートンである。

2013年、最年少の24歳でライオンズのキャプテンに指名されたのに続き、2度目のキャプテン就任となる。

ウォーバートンは、オーストラリア代表マイケル・フーパーと並ぶ、世界的オープンサイドFLとして呼び声高く、ワークレイトが高く、ジャッカルも得意な仕事人だ。

ユース年代から代表として活躍しており、2009年に19歳でウェールズ代表に初選出。2011年ワールドカップでは、22歳でキャプテンに任命され、その流れの中で2013年のライオンズでもキャプテンを任された。

現在はウェールズ代表のキャプテンの座からは退いたが、ウェールズのキャプテンとして、最多のキャップを保持する。

高校時代はサッカーのウェールズ代表で、現在スペインのレアル・マドリードのFWガレス・ベイルと同窓で、5年間一緒にラグビーだけでなく、サッカーもやっていたという。

ウォーバートン自身も、14歳でカーディフ・シティFCの入団テストに落ちるまではサッカー選手を目指しており、プレミアリーグのトットナム・ホットスパーの大ファンであることはよく知られている。

イングランド出身の両親の元に生まれたため、子供の頃のヒーローはイングランド代表のジョニー・ウィルキンソンだったという。双子の兄であるベンは、現在所属のカーディフ・ブルーズのトレーナーで、非常に顔が似ているのでよく間違われるという。

前回の遠征ではオーストラリア代表に2勝1敗だったライオンズ。今回もウォーバートンがチームを引っ張り、世界ランキング1位&ワールドカップ2連覇中のニュージーランドに勝ち越しすることができるか。

お知らせ

\6月3日スタート!/
J SPORTSオンデマンドではブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズを全10試合配信!
更に5月29日からは2013年大会のオーストラリア戦も配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
★詳しくはこちら
★ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ