6月1日、マンチェスター・シティはベンフィカ・リスボンから、GKエデルソンを獲得した。この人事により、2016−17シーズンはトリノにローン移籍していたジョー・ハートはエバートン、もしくはサウサンプトンに新天地を求める公算が大きくなり、クラウディオ・ブラーボとウィリー・カバジェロも、出場機会を求めてシティを退団するに違いない。17−18シーズン終了後にはロシア・ワールドカップがやって来る。所属クラブの控えGKでは代表に招集される確率が低くなるため、多くの選手が通常のシーズンよりも大胆な決断に至るのではないだろうか。

さて、シティはエデルソンを獲得するため、ベンフィカに推定3500万ポンド(約50億円)を支払った。ブラジル代表GKとはいえ、少し高すぎる。プレミアリーグでは未知数であり、ダビド・デヘア(マンチェスター・ユナイテッド)やウーゴ・ロリス(トッテナム・ホットスパー)ですら、初年度は戸惑った。

しかもシティは、来シーズン“も”DFラインが固まっていない。パブロ・サバレタはウェストハム・ユナイテッドに移籍し、ガエル・クリシーの退団も決まった。また、ジョゼップ・グアルディオラ監督の評価が高くないバカリ・サニャも、就職先を探す必要に迫られている。結局、頼りになるのはバンサン・コンパニただひとりで、彼もコンディションに不安を抱えている。チャンピオンズリーグとの連戦に耐えうるフィジカルを維持できるのか、はなはだ疑問だ。

お知らせ

インターナショナルチャンピオンズカップ2017

欧州サッカー プレシーズン大会!!
バルセロナ×レアルマドリードの”クラシコ“、マンチェスターダービー、ミラノダービーなど注目カード多数!
全19試合を7月18日(火)から「欧州サッカーセット」で全試合生中継!

»詳しくはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ